ボールの側面に複数の線が描かれ、グリーン上でターゲットに真っすぐ合わせやすい“アライメント系ボール”が人気だ。プロツアーでもこれを使う選手がいる一方、まったく使わないという人もいる。そこでアンケート! みなさんは、ボールをターゲットにどう合わせてる?

パットの際に、ボールをターゲットにどう合わせるか?

2019年に発売された青と赤の3本線が印象的なキャロウェイ「E・R・Cソフト トリプルトラック」がヒットしたのをきっかけに、多くのメーカーが複数の線を描いたアライメント系ボールを続々と発売している。

画像: キャロウェイの「トリプルトラック」は青と赤の3本線がターゲットに真っすぐ合わせやすい。写真のボールは「クロム ソフト X トリプルトラック」

キャロウェイの「トリプルトラック」は青と赤の3本線がターゲットに真っすぐ合わせやすい。写真のボールは「クロム ソフト X トリプルトラック」

またアライメント系ボールと一言でいっても、ターゲットに真っすぐ構えるためだけでなく、スリクソン「トライスター」のようにフェースの向きをスクェアに構えられるような線が描かれているものもある。メーカーによってアライメントの特徴が異なるため、自分の好みのボールを探すのも楽しい。

アライメントボールに限らず、タイガー・ウッズはボールに1本線を引いているし、アライメントをボールに書き込むための専用の器具も販売されている。その一方で、線があると気になるという理由から、あえて白面を上にするというゴルファーもいるし、メーカーロゴを合わせるくらいがちょうどいいというゴルファーもいる。

画像: スリクソン「トライスター」はターゲットに真っすぐ構えるだけでなく、線が縦にも描かれていることでフェース面をスクェアに構えやすいように工夫されている

スリクソン「トライスター」はターゲットに真っすぐ構えるだけでなく、線が縦にも描かれていることでフェース面をスクェアに構えやすいように工夫されている

「ターゲットにボールを合わせる」たったこれだけのことでもゴルファーによって十人十色、様々なバリエーションが存在するのだ。というわけでアンケート! みんなはどうやってボールをターゲットに合わせてる?

まずは一つ目の質問。“アライメント系ボール”を使っている?

  • アライメント系ボールを使っている
  • 使っていない
  • 結果だけ見る
  • アライメント系ボールを使っている
    30
    232
  • 使っていない
    63
    492
  • 結果だけ見る
    7
    56

アライメント系ボールを使っていると答えた人に質問! アライメント系ボールを使うメインの目的は?

  • アライメントをターゲットに真っすぐ合わせたい
  • ターゲットに対してスクェアにフェース面を合わせたい。スクェアヒットしたい
  • 両方とも大事!
  • なんとなく
  • 結果だけ見る
  • アライメントをターゲットに真っすぐ合わせたい
    38
    188
  • ターゲットに対してスクェアにフェース面を合わせたい。スクェアヒットしたい
    9
    43
  • 両方とも大事!
    16
    77
  • なんとなく
    4
    19
  • 結果だけ見る
    33
    162

続いては、アライメント系ボールを使っていない人に質問。では、どうやってボールをターゲットに合わせている?

  • そもそも合わせない。白面を上にしている
  • 自分で線を引いている
  • アライメントをボールに描き込む器具を使って自分で描いている
  • メーカーのロゴなどを合わせている
  • 結果だけ見る
  • そもそも合わせない。白面を上にしている
    29
    197
  • 自分で線を引いている
    21
    139
  • アライメントをボールに描き込む器具を使って自分で描いている
    8
    56
  • メーカーのロゴなどを合わせている
    26
    173
  • 結果だけ見る
    16
    106

現在アライメント系ボールを使っていない人へ。興味はある?

  • 興味があるし、使ってみたい。(エースボールに搭載されればそれを選ぶ)
  • 興味はあるが、使うかどうかはわからない。
  • 興味ない。使わない。
  • 興味があるし、使ってみたい。(エースボールに搭載されればそれを選ぶ)
    35
    193
  • 興味はあるが、使うかどうかはわからない。
    27
    147
  • 興味ない。使わない。
    38
    212

アライメントの不安が解消されればタッチだけに集中してパッティングに臨むことができる。みんなのゴルフダイジェスト読者の「アライメント事情」はいかに……?

This article is a sponsored article by
''.