2打目を曲げてしまったが、木の上で球を見つけた。しかし自分のものかどうか判別できなかったので、枝を揺らして球を落とし、自分の球と確認。そのまま打とうとしたところ、同伴者から指摘されてしまった。その後の正しい処置はどうすればいい?
画像: 「あっ! やばい引っ掛けた」

「あっ! やばい引っ掛けた」

セカンドショットを引っ掛けてしまい、ボールは林の方向へ。「うわ~、引っ掛けちゃったわ」

画像: 「あ、あった。きっとあれね」

「あ、あった。きっとあれね」

林の中を捜索したところ、木の枝に引っ掛かっているボールを発見した。「あ、あった! きっとあれね。でも……これ、私のものかどうかはわからないわね」

画像: 「そうだ、クラブで木を揺らして……」

「そうだ、クラブで木を揺らして……」

「自分の球かどうか確認が必要よね。そうだ、クラブで木を揺らして落としてみればいいんだわ」

画像: 「ラッキー♪ やっぱり私のだったわ」「ちょっと! 木を揺らしたら1打罰。プレーする場所も違うわよ!」

「ラッキー♪ やっぱり私のだったわ」「ちょっと! 木を揺らしたら1打罰。プレーする場所も違うわよ!」

木の上にあって自分のものかわからない球を枝を揺らして落とした。その後の正しい処置は?

2打目を左に曲げてしまい、林の方向へ。木の上で球を見つけたものの、自分のものかどうか確認ができなかった。そこで枝を揺らしたところ、球が地面に落ち、自分のものと判明。球が止まった位置からそのまま打とうとしたが、離れた場所で見ていた同伴者から、止められてしまった――。

  • 1打罰で止まった位置からプレー
  • 1打罰でそのままアンプレ
  • 無罰でそのままアンプレ
  • 無罰で止まった位置からプレー
  • 1打罰で止まった位置からプレー
    33
    959
  • 1打罰でそのままアンプレ
    44
    1266
  • 無罰でそのままアンプレ
    14
    417
  • 無罰で止まった位置からプレー
    9
    249

正解は、「無罰でその後アンプレ」。
プレーヤーが球を捜索中または確認のために、木の上にある球が落ちてきて見つかることを望んで木を揺らしても罰打はなく、球は元の位置にリプレースする(オフィシャルガイド7・4/2)。しかしリプレースが困難な場合、アンプレで1打罰を加え、球が落ちた地点を基準とした救済エリアにドロップ(オフィシャルガイド19・2C)が正しい。

週刊ゴルフダイジェスト2021/1/15・12合併号「ゴルルとルール2021」より。監修・小山混、撮影・姉崎正

This article is a sponsored article by
''.