パッティンググリーンとカラーの境界線に球が止まった。球の上に砂がのっていたため、マークして拾い上げたところ、同伴者からルール違反と指摘されてしまった。この場合、ルール違反なんだっけ?
画像: 「ナイスアウトー!」

「ナイスアウトー!」

3打目はバンカーからのアプローチ。「さすが、ナイスアウトです~!」

画像: 「ギリギリ、グリーンに乗ったわね」「う~ん、かなり微妙では……?」

「ギリギリ、グリーンに乗ったわね」「う~ん、かなり微妙では……?」

「えっと、これってグリーンオンしたわよね?」「う~ん、かなり微妙ですよね……」

画像: 「とりあえずマークしていいわよね」「ちょっと、待ってくださいよ!」

「とりあえずマークしていいわよね」「ちょっと、待ってくださいよ!」

「ボールに砂がついているし……。とりあえずマークして、ボールを拾って拭こうっと」「ちょっと、待ってくださいよ!」

画像: 「カラーに触れているから、グリーン上じゃないですよね?」「大丈夫だと思うけど……」

「カラーに触れているから、グリーン上じゃないですよね?」「大丈夫だと思うけど……」

パッティンググリーンとカラーの境界線に止まっている球は、マークして拾い上げて砂を拭くことはできる?

バンカーから脱出に成功したが、ボールはグリーンとカラーの境界線で止まっていた。その上に砂がのっていたため、球をマークして拾い上げ、球を拭こうとしたところ、同伴者から「カラーはグリーンじゃないから拾い上げるとルール違反」と指摘されてしまった。

  • マークして拾い上げられる
  • 拾い上げることはできない
  • マークして拾い上げられる
    69
    5088
  • 拾い上げることはできない
    31
    2275

正解は、「マークして拾い上げられる」。
パッティンググリーンの縁は特別に造られたエリアが始まると見て分かるところ(定義)であり、エッジは含まれない。ただし、球の一部がジェネラルエリアとグリーンなど4つの特定のコースエリアのいずれかと両方にある場合、その球はその特定のエリアにあるものとして扱う(規則2・2C)ので、今回もマークして球を拾い上げられる。

週刊ゴルフダイジェスト3/23号「ゴルルとルール」より。監修・小山混、撮影・Norio Tsuburaoka

This article is a sponsored article by
''.