4年に一度見直されるゴルフ規則。2019年の改訂以降、初の改訂が行われた。そこで今回改訂された主要な項目と間違えやすいルールを東京五輪のレフェリーとスコアラーを務めたルールの専門家である女子プロ2人がクイズ形式でレクチャー。最後の問題4問は、応募者の中から全問正解者に抽選で、ゴルフダイジェストの最新ルール解説本をプレゼントします。

2023年、おもなルール変更をQ&A

プレーの線を示すものを置いてもストローク前に取り除けばOK?

画像1: 【ゴルフルールクイズ】最後の4問全問正解で新刊「ゴルフダイジェスト ゴルフルール早わかり集2023-2024」プレゼント

プレー前にタオルを置いて、打つ方向を確認しても打つ前に取り除けば罰打はないはずよね?

  • 罰なし

    正解は2罰打
    2019年規則ではプレーの線を示すために物を置くことはグリーン上に限り禁止されていた。しかし今回の変更で、どのコースエリアであってもプレーの線を示すために物を置いた時点で2罰打となり、ストロークをする前に取り除いても罰は免れなくなった

  • 2罰打

    正解は2罰打
    2019年規則ではプレーの線を示すために物を置くことはグリーン上に限り禁止されていた。しかし今回の変更で、どのコースエリアであってもプレーの線を示すために物を置いた時点で2罰打となり、ストロークをする前に取り除いても罰は免れなくなった

  • 罰なし
    41
    450
  • 2罰打
    59
    637

グリーン上で別の球をプレーしたら何罰打?

画像2: 【ゴルフルールクイズ】最後の4問全問正解で新刊「ゴルフダイジェスト ゴルフルール早わかり集2023-2024」プレゼント

パッティンググリーンでマークして拾い上げた球を、軟らかい球に替えて打ったら何罰打なの?

  • 1罰打

    1罰打が正解
    球の取り替えが認められていないのに、別の球に取り替えてプレーした場合、2019年の規則では2罰打だったのが、2023年の改訂で1罰打に変更された。写真のようにグリーンで球を拾い上げたあとに、別の球でプレーしたら1罰打となる

  • 2罰打

    1罰打が正解
    球の取り替えが認められていないのに、別の球に取り替えてプレーした場合、2019年の規則では2罰打だったのが、2023年の改訂で1罰打に変更された。写真のようにグリーンで球を拾い上げたあとに、別の球でプレーしたら1罰打となる

  • 1罰打
    53
    567
  • 2罰打
    47
    506

ドロップして止まっていた球が自然に動き出して赤杭を越えたら?

画像3: 【ゴルフルールクイズ】最後の4問全問正解で新刊「ゴルフダイジェスト ゴルフルール早わかり集2023-2024」プレゼント

赤杭の近くでドロップをしたら、一度止まったのに自然に動き出して赤杭内に。これってどうすればいいの?

  • 元の箇所にリプレース

    元の箇所にリプレースが正解
    2019年の規則ではグリーン上での特定の状況を除き、止まっている球が自然の力によって動いた場合は、新しい位置からプレーしなければならなかった。しかし今回の改訂ではドロップ、リプレース、プレースした球が自然の力で他のコースエリアやOBに転がり込んでしまった場合、罰なしにその球を元の箇所にリプレースしなければならなくなった

  • 止まった位置からそのままプレー

    元の箇所にリプレースが正解
    2019年の規則ではグリーン上での特定の状況を除き、止まっている球が自然の力によって動いた場合は、新しい位置からプレーしなければならなかった。しかし今回の改訂ではドロップ、リプレース、プレースした球が自然の力で他のコースエリアやOBに転がり込んでしまった場合、罰なしにその球を元の箇所にリプレースしなければならなくなった

  • 元の箇所にリプレース
    86
    925
  • 止まった位置からそのままプレー
    14
    149

グリーン上で打った球がグリーン上のカブトムシに当たったらどうする?

画像4: 【ゴルフルールクイズ】最後の4問全問正解で新刊「ゴルフダイジェスト ゴルフルール早わかり集2023-2024」プレゼント

自然豊かなゴルフ場で、昆虫がグリーンにいることも。気づかず打ってしまい、昆虫に当たったらどうするのが正解?

  • 再プレー

    止まった位置から罰なしでプレーするのが正解
    2019年の規則から、グリーン上でストロークした球がグリーン上の人、動物、動かせる障害物に当たった場合は再プレーをしなければいけなくなった。2023年の改訂では、動物においては、グリーン上でストロークした球が、ルースインペディメントとして定義されている昆虫やミミズなどに当たった場合は、罰なしで止まった位置からプレーすることになった。また人に関しては、グリーン上でストロークした球が、プレーヤーや旗竿に付き添っている人に当たった場合は止まった位置から罰なしでプレーするようになり、それ以外のグリーン上にいる人に当たった場合は、元の位置から罰なしで再プレーしなければならない

  • 止まった位置から罰なしにプレー

    止まった位置から罰なしでプレーするのが正解
    2019年の規則から、グリーン上でストロークした球がグリーン上の人、動物、動かせる障害物に当たった場合は再プレーをしなければいけなくなった。2023年の改訂では、動物においては、グリーン上でストロークした球が、ルースインペディメントとして定義されている昆虫やミミズなどに当たった場合は、罰なしで止まった位置からプレーすることになった。また人に関しては、グリーン上でストロークした球が、プレーヤーや旗竿に付き添っている人に当たった場合は止まった位置から罰なしでプレーするようになり、それ以外のグリーン上にいる人に当たった場合は、元の位置から罰なしで再プレーしなければならない

  • 再プレー
    20
    219
  • 止まった位置から罰なしにプレー
    80
    850

ここからの4問は間違いやすいルールクイズ。全問正解で「ゴルフルール早わかり集」を当てよう!

問1
スウィングに邪魔なOB杭を抜いてストロークしたら?
①罰打なし ②1罰打 ③2罰打

問2
15本のクラブでラウンドをスタートして4ホールプレーしたあとに違反に気づいたら?
①2罰打 ②4罰打 ③6罰打 ④8罰打

問3
自分の球かの確認のために拾い上げた球を必要以上に拭いたら?
①罰打なし ②1罰打 ③2罰打

問4
他のプレーヤーに自分の球が偶然動かされたらどうする?
①1罰打でそのままプレー 
②1罰打でリプレース 
③無罰でそのままプレー 
④無罰でリプレース

画像: reg34.smp.ne.jp
reg34.smp.ne.jp

週刊ゴルフダイジェスト2023年2月28日号より(PHOTO/Tadashi Anezaki モデル/ゴルル 渥美友里恵、鈴木真緒)

This article is a sponsored article by
''.