練習場に行くとドライバーでフルショットしたくなっちゃう気持ちあるよね。でもちょっと待って、ちゃんと自分の後ろの打席を確認してる?実はドライバーの長さだと、練習場によっては危ないかも!マナーを守って楽しくゴルフをしよう。

とにかく練習場ではドライバーばかり打つ。そんな方いませんか?「ゴルフ雑誌やネットで水平に振るドリルがいいとの情報をゲット。早速やってみよう」ってなったとき、特にドライバーの場合は、後ろの打席にも注意を払おう。練習場の打席間の距離は約2.5メートルの場合が多く、3メートルあるとかなり広い打席に感じるだろう。

画像: 長尺のドライバーだと、練習次第じゃ後ろの打席の人に当たってしまうかも!

長尺のドライバーだと、練習次第じゃ後ろの打席の人に当たってしまうかも!

もしドライバーの長さが45インチだとすると約115センチ、腕の長さを60センチと仮定して、両方を足すと175センチくらいになるのだ。

フラットな軌道で打つドリルをする時には十分後ろの打席に注意を払うべきである。また、前の打席のプレーヤーがドライバーを打っている時は、自分自身も危険じゃないか気をつけよう。

HONMA

This article is a sponsored article by
''.