「アイアン世界基準 ルーク先生のラブリーショット」では、2011年、PGA・欧州ツアーで史上初の同時賞金王となった ルーク・ドナルドによるレッスンをご紹介します。

ゴルフスウィングで一番大事な「インパクト」。いかにフェースをスクェアに戻せるか。形はどうあれその条件をクリアすれば、ボールは思った通りに飛んでくれます。しかし、なかなか安定しないのが、インパクトの難しいところ。

そこで今回はルークに、「インパクトを安定させるコツ」を教えてもらいました。

常にバランスを意識しよう

「フィニッシュでバランスよく立てればOKさ」(ルーク・ドナルド)

フィニッシュでバランスよく立ててこそ、いいインパクトができた証拠

画像: 胸をしっかり目標に向けよう。右足に体重が残るのはNG

胸をしっかり目標に向けよう。右足に体重が残るのはNG

いいインパクトを実現させるために、“インパクトのカタチ”にとらわれてはいけません。ゴルフスウィングという流れる動きの中で、ある一部分を切り取って再現することは難しいのです。そこでルークは、フィニッシュを意識することでいいインパクトにつながると考えています。

「インパクトを安定させるということは、すなわちスウィング全体を安定させるということだよね。そのためには、なによりバランスのとれたフィニッシュが大事なんだ。振りすぎたり、リズムが悪いと理想のフィニッシュにならないからね。フィニッシュでバランスよく立てたなら、いいインパクトができた証拠だと僕は思っているんだ」(ルーク)

画像: フィニッシュで左足1本でバランスよく立てればショットが成功した証

フィニッシュで左足1本でバランスよく立てればショットが成功した証

フィニッシュで球筋も変わる

フィニッシュを意識して作ることで、球筋を操作することもできます。「高い球を打ちたいときは、ハイフィニッシュ。パンチショットでラインを出したいときは自然と低いフィニッシュになる」(ルーク)

「僕は恵まれたことに天性のリズム感があるのでフィニッシュは意識しなくとも、ピタッと決まる。でもそれは努力の賜物で、アマチュアの方にはぜひ、フィニッシュの高さを変えると、球筋がこんなにも変わるということを体感してもらいたいね」(ルーク)

フィニッシュで、常にバランスよくポーズを決めること!そうすれば、ルークみたいにカッコよくて、キレの良いインパクトが手に入るかも!?

※月刊ゴルフダイジェスト 2014年5月号より

「ルーク先生」のバックナンバーは↓↓↓

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.