「アイアン世界基準 ルーク先生のラブリーショット」では、2011年、PGA・欧州ツアーで史上初の同時賞金王となった ルーク・ドナルドによるレッスンをご紹介します。

一度出始めると、止まらなくなるのがシャンク。上達過程にあるゴルファーがぶち当たる“壁”として、最も厄介なミスです。直そうとすればするほど、ドツボにはまってしまう人がとても多いのも、特徴です。

そこで、今回はルーク、「シャンクを直す方法」を教えてもらいましょう。

球の前にものを置いて練習してみよう

「体の左サイドに振ることが、シャンク撲滅のカギだよ」(ルーク・ドナルド)

画像: 球の前にものを置いて、それに当たらないように左サイドへ振る

球の前にものを置いて、それに当たらないように左サイドへ振る

シャンクには、いくつかの原因が考えられますが、最も多い原因は、ダウンスウィングでクラブをアウトサイドインに振りすぎること。また前傾姿勢を保ったまま体の中心にクラブを素直に振ることができれば問題ないのですが、体が起き上がってクラブを外に押し出してしまうとヘッドの根元=ホーゼルがボールを直撃し、シャンクになってしまいます。

「まず気をつけたいのが、スウィング中の前傾を保つことだね。お腹を下に向けたまま振る意識が必要なんだ。その上でオススメしたいのが、ヘッドカバーを使った簡単なドリル。ヘッドカバーをボールの前に置いてスウィングしてほしい」(ルーク・以下同)

画像: アウトに振るとシャンクする

アウトに振るとシャンクする

「シャンクに悩む人は、アウトに振る傾向が強いから、ヘッドカバーを直撃する恐れがある。ヘッドカバーに当てないようクラブを思い切り左へ振ろう。前傾を崩さず、左へ振る。そうすれば必ずシャンクは直るよ」

画像: お腹を下に向けて振った方が、左へクラブが抜けやすい

お腹を下に向けて振った方が、左へクラブが抜けやすい

ヘッドカバーなんて叩くはずはないじゃないか、と思っても、実際やってみると体から腕が離れて直撃なんてことがあるかもしれません。インパクトでフェースをスクェアに戻してボールをとらえたら迷わず左へ振り抜く! これがシャンク撲滅の切り札になるでしょう。

※月刊ゴルフダイジェスト 2013年10月号より

「ルーク先生」のバックナンバーは↓↓↓

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.