タイガーが復帰し、松山英樹が優勝した2016年の「ヒーローワールドチャレンジ」。優勝した松山は世界ランク6位からトップ5入りを果たしたのか? そして、897位だったタイガーは、一体何位になったのだろうか⁉︎

優勝した松山英樹は前週と変わらず6位、5位スピースも射程圏内

今回の優勝で「ついに世界のトップ5入りか⁉︎」と思われた松山だったが、世界ランクは前週と変わらず6位(2016年12月6日現在)。ただ、世界ランク5位のジョーダン・スピースに0.9ポイント差まで迫っている。ジェイソン・デイ、ダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ、ヘンリク・ステンソン、ジョーダン・スピースが占めるトップ5の背中が完全に「射程距離」に入ってきた。

松山は日本オープンから5戦4勝。来年はトップ5に食い込む⁉︎

タイガーは一気にランクアップ!

対して1年3カ月ぶりに復帰したタイガー・ウッズの世界ランクはどうだろうか。

大会前のタイガーの世界ランクは897位だった。大会では2日目に「65」をマークするなど、復帰戦とは思えないプレーを披露したが、最終日は「76」と崩れ15位でフィニッシュ。注目の大会終了後の世界ランクは650位で、なんと1試合で247位分ランクアップしたことになる。

画像: 2015年の「マスターズ」は世界ランク111位で出場したタイガー

2015年の「マスターズ」は世界ランク111位で出場したタイガー

これから世界のトップを伺おうとしている松山。かつて世界のトップに君臨したタイガー。2017年のゴルフ界は、この二人から目が離せない!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.