数々の難コースや強敵を相手に戦い続けるトッププロたち。そんな彼らが選ぶ14本には、もちろん理由がある。今回は、女子プロのなかでもクラブへのこだわりが強い上田桃子のバッグの中身を拝見! そこには彼女の強~い“ギア愛”がぎっしり詰まっていた。

シーズン後半から、新顔「7番ウッド」を投入

すべてキャロウェイで統一された上田桃子の14本の仲間たち

長年ひとつのモデルを使い続けることでも有名な上田が、2016年のシーズン後半から7番ウッドを投入した。本人いわく「打感とボール初速が自分のイメージと合ったので、すぐに試合で使った」そうで、新しい武器としてさっそく信頼を寄せている。

最近はショートウッドではなくユーティリティを使う選手が多いが、彼女の考えはこうだ。
「UTを使わないわけではありません。ただ7Wは195~200ヤードの距離をカバーするクラブとして、4UTと使い分けをしています。4UTは強い球が打てるけれどグリーンで止まりにくい。一方の7Wは止まる球が打てるので、コースセッティングに応じて替えるようにしているのです」とのこと。

画像: 2016年の女子オープンから投入した 7番ウッド「キャロウェイ XR16」

2016年の女子オープンから投入した
7番ウッド「キャロウェイ XR16」

また、ウエッジも長年「Xウェッジ」を使用していたが、2017シーズンは新しいマックダディウェッジを使う予定でいると言う。その理由は、「新しいマックダディはフェースがやや大きめで、自分の思ったスピン量で飛ぶんです。2017年のツアーは新しいほうで戦うことになると思います」と語ってくれた。

画像: スピンコントロールがしやすいので、長年愛用中 「キャロウェイXウェッジ」(50度・54度・60度)

スピンコントロールがしやすいので、長年愛用中
「キャロウェイXウェッジ」(50度・54度・60度)

中学2年から使い続けているパター
「オデッセイ トライホット#3」

他にもアイアンは2008年から使い続けるモデルであるなど、気に入ったクラブはずっと使うという上田。新兵器の投入で、2017シーズンのゴルフがどう変化するのか、期待したい。

上田桃子(うえだ・ももこ)
2014年に国内ツアーに復帰。2016年の復活優勝が期待されたヨネックスレディスでは惜しくもプレーオフに敗れるも、自慢の鋭いショットと勝負強さは変わらず健在。161cm・54kg

詳しいスペックは、週刊ゴルフダイジェスト 12/27・1/3号「pro's spec」をチェック!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.