ダウンロード数国内NO.1のゴルフ動画配信・スコア管理アプリの「ゴルフネットワークプラス」。その中に、自分の悩みに応じたレッスンをスマホで手軽に観られる動画コンテンツ『練習ドリル』がある。その中から、内藤雄士コーチによるアマチュアゴルファーにはなかなか難しい「ハンドファースト」を体得するための簡単ドリルを紹介!

バックスウィングなしで「いきなりインパクト」

アイアンでしっかりと飛距離を出して正確に打つためには、ハンドファーストインパクトが必須。それをつくるためには、バックスウィングを行わず、いきなりインパクトの形を作り、そこから体重移動を行ってボールを飛ばすドリルを行うのが効果的だと内藤雄士コーチは言う。

画像1: バックスウィングなしで「いきなりインパクト」

「クラブをバックスウィングの方向に上げないで、いきなりインパクトの形をつくります。」(内藤コーチ、以下同)

画像2: バックスウィングなしで「いきなりインパクト」

「下半身の体重移動をし、体重が移動しきったところでボールを飛ばします」

こうすることにより、下半身の力でクラブを動かす感覚が身につき、正しいハンドファーストインパクトの感覚も理解できるというわけだ。

画像: フェースにボールを乗せるようなイメージ

フェースにボールを乗せるようなイメージ

「ポイントは腕の力を抜いてフェースにボールを乗せていくようなイメージで行うことです。腕に力が入るとうまくできません。一番やってはいけないのは腕の力で飛ばすこと。腕の力は抜いて腰の回転だけで飛ばします」

画像: 飛んだとしても腕に力が入っていないかをチェックする

飛んだとしても腕に力が入っていないかをチェックする

指を離すとさらに効果的

「右手の人差し指と親指を離し、力が入らないようにします。」

画像: 右手の人差し指と親指をクラブから離し、腕の力が入らないようにする

右手の人差し指と親指をクラブから離し、腕の力が入らないようにする

「力が入らないようにした状態で下半身リードで飛ばす練習をしていただけるとさらに分かりやすいです」

画像: 腕の力が入らないようにし、腰の回転で飛ばすようにする

腕の力が入らないようにし、腰の回転で飛ばすようにする

「練習はマットの上でもできます。インパクトエリアの力感、下半身リードの大切さがさらに良くわかります」

※レッスン番組「あすゴル!」より

シンプルであるがゆえに効果の高い内藤コーチの「練習ドリル」。ぜひ、自分の練習メニューに組み込んでみよう。実際の動画は、「ゴルフネットワークプラス」にて。

画像1: 指を離すとさらに効果的
画像2: 指を離すとさらに効果的
画像: ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.