生姜のど飴、生姜入りドリンクなどの“生姜商品”。実は寒い冬こそこの生姜パワーが効く。貼って良し、飲んで良し、浸かって良しの知られざる“生姜パワー”をイシハラクリニック副院長の石原新菜先生にきいてみた。今回は第一弾の“貼る生姜”をご紹介しよう。

貼る生姜で肩こり解消! 「生姜湿布の作り方」

「皆さん、生姜は薬味などとして食べることが多いと思うのですが、実は関節痛や神経痛など、寒さによって体のどこかに痛みを覚えた時に“貼る”という使い方も出来るんですよ。それが生姜湿布というものなんです」と石原先生は言う。

そもそも生姜ってどんな成分で出来てるの?

「生姜には強い殺菌力を持つジンゲロールと血流を高めて熱を作るショウガオールという成分が含まれています。ジンゲロールは風邪のひき始めのウイルスや菌に対して効果を発揮します。ゾクッとくる風邪にはいいでしょう。また、ショウガオールは胃腸の壁を直接刺激し血流を高め、深部の熱を作り出します。冷えを改善するので古くから漢方薬に使われています」

これらの生姜の効果により、冷えによる神経痛や関節痛にも、直接貼った時にも効き目があるということだ。では、早速その生姜湿布の作り方を教えてもらおう。

材料はコチラ

画像: 生姜湿布、一度試してみませんか?

生姜湿布、一度試してみませんか?

まず必要なのがコチラ。
・お湯を張った鍋
・タオル
・しょうが
・おろし器
・布巾
・輪ゴム

まずは生姜をすり、大胆に布巾にのせる

画像: 粗く削っても大丈夫! 細かいおろし器がなければ大根おろし器でもOK。布巾がなければ綿素材のハンカチでも代用可能。ケガに注意

粗く削っても大丈夫! 細かいおろし器がなければ大根おろし器でもOK。布巾がなければ綿素材のハンカチでも代用可能。ケガに注意

包んで輪ゴムでしっかり止め、沸騰前のお湯に入れて煮だす

画像: 綿素材ならハンカチなどでも代用OK! 生姜が包めるものなら何でも大丈夫です

綿素材ならハンカチなどでも代用OK! 生姜が包めるものなら何でも大丈夫です

煮だしたら70度になるまで冷ます

画像: 熱いのでやけどには要注意!

熱いのでやけどには要注意!

タオルを浸して絞る

画像: こちらも熱いので注意! 熱いのが苦手な方はゴム手袋などをしよう

こちらも熱いので注意! 熱いのが苦手な方はゴム手袋などをしよう

絞ったタオルを患部に当てて保温のためにビニールとタオルをかぶせて完成!

画像: これで完成!

これで完成!

当てているタオルが冷めてきたら、もう一度お湯につけて絞って当てる。3~4回繰り返し温めて効果もアップだ!

「くれぐれとヤケドには気をつけながら、ぜひ一度生姜湿布を試してみてくださいね!」と石原先生も太鼓判だ。

この季節、寒さで体のアチコチが痛くなっている人におすすめの生姜湿布。ぜひ一度試してみてはいかがだろうか? 次回は“飲む生姜”の生姜紅茶を紹介する。

画像: 教えてくれた人 石原新菜先生 イシハラクリニック副院長。東洋医学の観点から生姜についての著書も執筆している www.ishihara-yumi.com

教えてくれた人
石原新菜先生
イシハラクリニック副院長。東洋医学の観点から生姜についての著書も執筆している

www.ishihara-yumi.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.