気になる1本をクラブ設計家・松尾好員氏と堀越良和プロが試打して徹底分析! 今回は、ロフトやライ角、フェースアングルを調整し、適正スピンがゲットできると評判のミズノ「JPX900」。果たしてその性能やいかに!? 

画像: 誰でも“飛びスピン”が手に入る! 調整自在のミズノ「JPX900」

自分の適性スピン量が見つけられるドライバー

「ウェートポジションが6カ所あり、より自分の理想の弾道を手に入れやすくなりました。クラブ長さは実測で45.25インチと標準的ですが、クラブ重さが実測で308.1グラムとやや重いので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ慣性モーメントが291万g㎠と大きくなり、ヘッドスピードが45m/sくらいのゴルファーがタイミングよく振れる設計になっています」(クラブ設計家・松尾好員氏)

画像: ヘッドは横幅が広い丸型形状。全体にきれいで構えやすい。投影面積が大きいため、安心感とやさしさを感じさせる

ヘッドは横幅が広い丸型形状。全体にきれいで構えやすい。投影面積が大きいため、安心感とやさしさを感じさせる

「ひとりでも多くのゴルファーに」メーカーの強い思いが伝わる1本

「ロフト角やライ角、フェースアングルをここまで変えられるクラブは他になく、ひとりでも多くのゴルファーに使ってもらいたいというメーカーの思いが伝わってきます。ロフト8.5度、ウエートポジション『4』の組み合わせが、低スピン・中弾道でいちばん飛距離が出ました」と言うのが堀越良和プロ。

画像: 高反発エリアの範囲を広げた新部分肉厚設計を採用

高反発エリアの範囲を広げた新部分肉厚設計を採用

松尾氏の分析によれば、「ソールのウェートが『HIGH』の位置で重心深度がもっと深くなり、ヘッドの慣性モーメントが大きく、弾道も安定するので、やはりここが基準です」とのこと。

また、「セルフカスタマイズできるとはいえ、できればミズノのフィッターとデータを見ながらポジションを決めることをおすすめします。そうすれば最高の1本になるはずです」と堀越プロは締めくくってくれた。

自分のスウィングに合った適性スピン量を見つけられ、大幅な飛距離アップを可能にさせてくれるという「ミズノJPX」。自分好みの弾道を手に入れられる日も、そう遠くはなさそうだ。

詳細なヘッドスペックは週刊ゴルフダイジェスト1/24号 「ギアプロファイリング」をチェック!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.