ピンにからんだバーディパット。真っすぐなら簡単だが、曲がるラインの1メートルはそうは意外と厄介。そこで東北福祉大学では谷原秀人と同期だったという赤石隆プロに、谷原もやっているというパッティングの狙い方&打ち方を聞いた。

ラインが違えば狙い方も打ち方も違う

1メートルの曲がるラインは、どのように打てばいいのでしょうか。

「まず、ショートパットはもともと左に引っかけやすいという傾向があることを頭に入れておく必要があります。フックラインの場合、引っかけると絶対に入らないので、ミスしても右に行く打ち方を選択します。逆にスライスは、右に押し出さない打ち方です」(赤石、以下同)

なるほど。その打ち方とは?

「フックラインの場合、手元を動かして少しゆっくりストロークします。こうすると、左に引っかけにくくなるんです。このストロークには、ラインにボールを乗せていくような狙い方が合います。そのため、フックラインは、曲がりの頂点とカップの入口を見つけて、ライン全体を曲線でイメージして打つほうがカップインの確率が上がるんです」

画像: 「フックラインは左に引っかけると絶対に入りません。そのため、万が一ミスしても右に行くように、手元を大きめにゆっくりと動かしてストロークしましょう」

「フックラインは左に引っかけると絶対に入りません。そのため、万が一ミスしても右に行くように、手元を大きめにゆっくりと動かしてストロークしましょう」

スライスはその逆?

「そうですね。ヘッドを少し走らせるようにして、間違ってもボールが右に垂れないように打つんです。この打ち方だと、カップの左に仮想カップを見つけて、そこに向かって直線的に狙っていくほうが、ラインとタッチが合いやすいんです」

スライスラインは仮想カップに「真っすぐ打ち出す」のがポイント。

「スライスラインは、曲がり幅に応じて仮想カップ(下りも入っているなら実際のカップより手前、上りなら奥)をイメージし、そのカップに入れるつもりで、直線的に打ち出します。そのため、ロゴマークを仮想カップに合わせて置きます」

画像: 「フックのようにラインに乗せると、右に押し出しやすいので、手元よりヘッドを走らせるイメージでクイックに打ち出します。これでミスしても左(プロサイド)に行くはず」

「フックのようにラインに乗せると、右に押し出しやすいので、手元よりヘッドを走らせるイメージでクイックに打ち出します。これでミスしても左(プロサイド)に行くはず」

難しい曲がるラインのパッティングを成功させるには、フックとスライスの狙い方を覚えておこう。3パットを減らすことができるはずだ。

赤石隆(あかいし・たかし)1979年1月22日生まれ。東北福祉大学のゴルフ部では、谷原秀人と同期。副キャプテンを務めた

写真/増田保雄

(週刊ゴルフダイジェスト2015年9/22号より)

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.