170センチという高身長から繰り出されるドライバーショットとキュートなルックスに人気も高い松森彩夏。2016年にプロ初優勝を飾り、今季2017年も期待される彼女だが、シーズン途中に左手親指を負傷。しかしそれがきっかけでクラブにもある変化が生まれたという。そんな彼女の14本の相棒とは?

シーズン途中にシャフトを軽いものにマイナーチェンジ

クラブに対してプロの間では、考え方が2つに分かれる。シーズン中でもクラブを積極的に替えるタイプと、そうでないタイプ。松森彩夏は後者だ。ただ、今回は珍しくシャフトをチェンジしたという。

「シーズン中に新しいクラブやシャフトを試すことはありますが、替えたことはあまりないです。でも、左手親指の怪我があって、少しでも負担がかからないようにと思って、軽いものにしました。ドライバーは60グラム台のシャフトから50グラムのものに。打ってみたら、体への負担が少なくやさしく振れました。フィーリングもよかったんです」(松森)。

画像: ヘッドはグローレF2を使い続けている、単にやさしくて飛ぶだけでなく打感も気に入っている。シャフトを軽くして振り抜きがよくなった。ドライバー「テーラーメイド グローレF2」

ヘッドはグローレF2を使い続けている、単にやさしくて飛ぶだけでなく打感も気に入っている。シャフトを軽くして振り抜きがよくなった。ドライバー「テーラーメイド グローレF2」

画像: 「スピーダー 661 エボリューションⅢ」から「ディアマナRF」にチェンジ!

「スピーダー 661 エボリューションⅢ」から「ディアマナRF」にチェンジ!

フェアウェイウッドもラクに球が上がるようになった!

クラブを軽くすることで、飛距離ダウンが心配されたが、松森の場合、軽くしたことでスウィングのバランスがよくなり、飛距離も変わらなかったという。これはアマチュアには大いに参考になるマイナーチェンジといえるだろう。

「指への負担が軽くなっただけでなく、振り抜きがよくなりました。無理して振りにいかなくても飛んでくれるので、気持ち的にもラクになりました」(松森)。

画像: FWのシャフトも80グラム台から70グラム台のものへ変更。球が上がりやすくなった。3W、5W「テーラーメイド グローレF」

FWのシャフトも80グラム台から70グラム台のものへ変更。球が上がりやすくなった。3W、5W「テーラーメイド グローレF」

画像: 「スピーダー エボリューションⅡ」から「クロカゲXM」にチェンジ

「スピーダー エボリューションⅡ」から「クロカゲXM」にチェンジ

画像: 難しいコースセッティングで役に立っている3本のユーティリティ。ライを選ばず、アイアン感覚で打てるという。UT「テーラーメイド ジェットスピード レスキュー」(22度、25度、28度)

難しいコースセッティングで役に立っている3本のユーティリティ。ライを選ばず、アイアン感覚で打てるという。UT「テーラーメイド ジェットスピード レスキュー」(22度、25度、28度)

画像: 構えた時の顔、打感が最も重要なのがアイアン。ピタッとアドレスが決まらないと、どれだけ高性能でも使えないと言う。アイアン(6I~PW)「テーラーメイド P770」

構えた時の顔、打感が最も重要なのがアイアン。ピタッとアドレスが決まらないと、どれだけ高性能でも使えないと言う。アイアン(6I~PW)「テーラーメイド P770」

画像: 試合ごとに調子を見ながらパターを替える。少しハンドダウンに構えるのが特徴で、マレットでもトウ側を浮かせているという。パター「オデッセイ ヴァーサ 2ボール」

試合ごとに調子を見ながらパターを替える。少しハンドダウンに構えるのが特徴で、マレットでもトウ側を浮かせているという。パター「オデッセイ ヴァーサ 2ボール」

松森がクラブを替えないのは自分のフィーリングを大切にしているから。しかし今回のように替えたことで感覚がよくなることもある。このチェンジが怪我の功名となり、成績につながることを期待したい。

詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト2017年10/3日号「pro's spec」をチェック!

(写真/大澤進二)

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.