リオオリンピックの銅メダリストでもあり、2017年の全英オープンでジョーダン・スピースと激闘を繰り広げて2位に入ったのもまだ記憶に新しいマット・クーチャー。そんな世界ランク14位(2017年10月22日現在)の彼が選んだ14本のクラブとは?

「ミスショット時のロスの少なさをもっとも重視しているんだ」

1978年アメリカ生まれ、身長193センチと恵まれた体格をもつマット・クーチャー。2017年の全英オープンにおけるジョーダン・スピースとの熾烈な戦いは記憶に新しいだろう。驚くような飛距離があるわけではないが、とにかく曲がらないという印象を持つ選手だ。そんな彼のクラブに対するこだわりはどこにあるのだろうか。

15年ぶりにブリヂストンオープン出場のために来日したという本人に直接聞いてみた。

「僕は正確性をものすごく重視している。新しいものはどんどん試すタイプだけど、選ぶ基準は明確。それはミスヒットをしたときに、どれくらいの飛距離ロスが出るのか? ということ。ミスをしても影響の少ない、正確性の高いクラブを好んで使うよ。そういった意味ではあまりクラブを替えるほうではないね」。

画像: やや小ぶりな445ccのドライバー。フェースの弾きがよく、初速が出やすいモデル。ドライバー「ブリヂストンゴルフ J715 B5」(8.5度)

やや小ぶりな445ccのドライバー。フェースの弾きがよく、初速が出やすいモデル。ドライバー「ブリヂストンゴルフ J715 B5」(8.5度)

「すべては結果の世界」。メーカーがバラバラなのは数字を大事にしたから

見た目や振り心地に、それほど強いこだわりはないというクーチャー。あくまでも打ったときの“結果”が大事だと続ける。

「今は数字でなんでも出る時代。結果(パフォーマンス)が優れたクラブであれば、多少の違和感はなんでもない。すべては結果の世界だからね、自分のベストのパフォーマンスを引き出してくれる、数字重視のクラブ選びをしているよ」。

画像: セカンドドライバーとしてティショットでも多く活躍する3W。飛距離もさることながら、ピンポイントで狙える操作性が魅力。3W「タイトリスト 917 F2」

セカンドドライバーとしてティショットでも多く活躍する3W。飛距離もさることながら、ピンポイントで狙える操作性が魅力。3W「タイトリスト 917 F2」

画像: 2013年モデルを長年使用。球をラクに上げてくれるやさしさがありながら、スピンが増えすぎないというUT「ピン アンサ―」(17度、20度)

2013年モデルを長年使用。球をラクに上げてくれるやさしさがありながら、スピンが増えすぎないというUT「ピン アンサ―」(17度、20度)

画像: ソールの抜けがよく、「ラフからでも自分の思った弾道が出てくれる」とクーチャー。正確性に優れているアイアン(5i~PW)「ブリヂストンゴルフ J15 CB(Black)」

ソールの抜けがよく、「ラフからでも自分の思った弾道が出てくれる」とクーチャー。正確性に優れているアイアン(5i~PW)「ブリヂストンゴルフ J15 CB(Black)」

画像: 自身の感性を大事にして選んだ結果、別々のメーカーのウェッジに。アメリカの芝には60度以上のウェッジが必須のようだ。AW「ブリヂストンゴルフ J40(Black)」(51度)、SW「クリーブランド 588 RTX」(57度)、「キャロウェイ マックダディ PM Grind」(63度)

自身の感性を大事にして選んだ結果、別々のメーカーのウェッジに。アメリカの芝には60度以上のウェッジが必須のようだ。AW「ブリヂストンゴルフ J40(Black)」(51度)、SW「クリーブランド 588 RTX」(57度)、「キャロウェイ マックダディ PM Grind」(63度)

自身のプレースタイルと同じで、クラブにも正確性を強く求めているクーチャー。正確なショットとベテランならではの粘り強い戦いぶりに今後も注目したい。

詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト11/7号「pro's spec」をチェック!

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.