月刊ゴルフダイジェストで連載中の「マイクラブ・マイギアを語ろう!」。2018年3月号で紹介されているのは、2017年シーズンのブリヂストンオープンを制覇した時松隆光の14本。契約フリーだからこそできるセッティングに注目だ。

安定のフェードを取り戻せた

契約先だったナイキがクラブ製造から撤退し、フリーとなった時松。その後は色んなクラブを試してきたが、昨年前半はドライバーが右に左に曲がるなどして、7週連続予選落ちと大スランプに。

「8月のISPSハンダマッチプレーの1回戦で当たった手嶋多一さんに、球が上がってないと指摘され、ミズノの『MP タイプ2』をすすめられたんです」(時松、以下同)

ウェーブテクノロジーソールの採用により、フェースセンターでのたわみ量を約10パーセントアップし、ボール初速も向上

これが相性バツグンで、以降優勝1回、2位3回の快進撃。

「ボールもブリヂストン『ツアーB X』に替えたんですが、高さも出て、狙いどおりのフェードが打てるんです」

画像: 「スピンが増えすぎてスライス、足りなくて左へ真っすぐというミスがなくなり、フェードが安定した」

「スピンが増えすぎてスライス、足りなくて左へ真っすぐというミスがなくなり、フェードが安定した」

ヘッドは大き目の460CCをチョイス

「最初からこの『タイプ2』がすごく気に入ったので、少し小振りな『タイプ1』は試していません」

画像: ヒール側でつかまり感をイメージ

ヒール側でつかまり感をイメージ

フェースはややディープ

「打点が多少ズレても、飛距離がグッと落ち込むこともなく、曲がりも少ない」

画像: 契約フリーだからこそめぐり合えた顔の大きな「タイプ2」

契約フリーだからこそめぐり合えた顔の大きな「タイプ2」

長らく使用しているツアーADの「MJ」

モデルを替えても、シャフトは一貫してグラファトデザインの「ツアーAD MJ」の6Xを愛用。

画像: 一貫して「ツアーAD MJ」を使い続けている

一貫して「ツアーAD MJ」を使い続けている

この記事は、現在発売中の月刊ゴルフダイジェスト2018年3月号の連載「マイクラブ・マイギアを語ろう!」より抜粋。本誌では契約フリーの時松プロのこだわりが詰まった14本すべてが紹介されている。ぜひチェックしよう。

写真/有原裕晶

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.