多くのアマチュアの悩みどころとしているのがグリップの握り方。ストロングに握るのかスクェアに握るのか......と考えるだけでもどれが自分に合っているのか分からない。レジェンド・倉本昌弘は、自然体のグリップを見つけることが大事だと話す。著書「本番に強くなるゴルフ」から、誰でも見つかる自分に合ったグリップを見つける方法をご紹介しよう。

自分に合った自然体のグリップを見つける

グリップの形については、多くの人が悩むところだと思います。しかし、グリップの形をグリップ単体で考えるのは、あまりよくありません。なぜなら、人それぞれ体型、骨格、筋力、関節や筋肉の付き方が違うからです。

つまり、全ての人が同じ形で握ろうとしてもできるはずがないのです。大切なのは、あくまで自分に合った自然体でクラブを持つことです。では、そのためにはどうしたらいいのでしょう?

まずは、真っすぐ立って両腕を脱力させ、体の横にだらんと垂らしてみてください。そのときの腕と手の向きが、その人にとっての自然体ですから、その向きをできるだけ変えないようにして、クラブを握るのです。

画像: 両腕を脱力して垂らしたら、その形のまま握る

両腕を脱力して垂らしたら、その形のまま握る

このとき、クラブは自分の手のひらに対して斜めに握る形になるわけですが、このときの角度は人と握手するときの角度がいい。握手するときに、自分の手のひらと、相手の指が作る角度。

この角度でクラブを握ってもらえれば、肩とひじと手首の角度が自然になって、クラブをコントロールしやすくなるでしょう。このようにして左手の握りが決まったら、あとは左手のひらと右手のひらを平行に合わせてグリップすればいいと思います。

基本的に、スウィング中は肩の力、腕の力を抜くことが大切です。そのためにはクラブを握る力も抜く必要があります。強さは人それぞれでいいのですが、基本的にグリップはゆるゆる。クラブの重さを感じられる最低限の力で持つようにしてください。

画像: 握手するときの角度でクラブを斜めに持つ

握手するときの角度でクラブを斜めに持つ

練習する場所は少ないかもしれませんが、クラブをポーンと投げてみるといいと思います。狙ったところにクラブを投げるにためには、クラブの重さを感じられる程度の強さで、かなりゆるく持つ必要があります。そのくらいの強さが、クラブを握る強さの目安なのです。

「本番に強くなるゴルフ」(ゴルフダイジェスト社)より

写真/岩井剛

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.