ゴルファーなら1ヤードでも遠くへ飛ばしたいはず。“ノリー”こと堀口宜篤プロによれば下半身を止めることでヘッドを走らせる「ツイスト」の動きも、飛距離アップにつながる可能性があるという。そのやり方を、写真と動画で教えてもらった。

ツイストで飛ばそう!

ダウンスウィングで下半身をロックすることでヘッドスピードを急加速させる。それがツイストだ。言葉で聞くと難しそうだが、体の動かしかたのコツをつかめば、それほど難しい動きではないと”ノリー”こと堀口宜篤プロ。

「アマチュアゴルファーの中には、右足が動きすぎて、ミスになっている人がままいます。とくに、ダウンで右足が前に出て、プッシュアウトのミスを連発している人にとっては、ベタ足のまま振り抜くツイストの動きは飛距離アップにつながる可能性を秘めています」(堀口)

画像: べた足でスウィングすることで効率的にボールにエネルギーを伝えることができる

べた足でスウィングすることで効率的にボールにエネルギーを伝えることができる

アマチュアの中には、体を回そうという意識が強すぎて、肝心のヘッドが付いてこない、いわゆる振り遅れの状態になっている人が少なくない。そんな人にとっても、ツイストの動きは効果的だ。具体的なやり方を見てみよう。

「ツイストをスウィングに取り入れようと思ったら、意識したいのは体重移動です。バックスウィングで右、ダウンで左、インパクトで右、こんな風に体重を移動させるイメージを持つのがコツ。この右、左、右の体重移動のリズムを、まずは素振りの中で身につけるといいでしょう。インパクト直線に体重を右サイドに“戻す”ことで、下半身がロックされ、ヘッドを走らせることができますから」(堀口)

画像: 右→左→右の体重移動によって力のタメができ、ヘッドスピードが急加速する

右→左→右の体重移動によって力のタメができ、ヘッドスピードが急加速する

1ヤードでも遠くへ飛ばしたいのなら、ツイスト、試してみては?

画像: ~ツイストで飛ばそう~ ノリーの!「とにかく飛ばしたいんだ!」#2 m.youtube.com

~ツイストで飛ばそう~ ノリーの!「とにかく飛ばしたいんだ!」#2

m.youtube.com
キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.