コースで普段通りの球を打つには、普段通りのリズムを保つことが大事。ショット前のルーティンを決めることで、リズムが良くなりアドレスも狂いにくくなると芹澤信雄プロは言う。チームセリザワ公式本「芹澤流ならスウィングが変わる」から、ルーティンについてご紹介。

自分なりの「決まりごと」を作る

コースで普段どおりの球を打つためには、プレー全体のリズムを「普段どおり」に保つことがとても大事です。

そのためには、ショット前の「決まりごと」である自分なりのプレショットルーティンを決め、それを毎回きちんと行う習慣をつけてください。

画像: ボール後方で素振り、目標確認。次にスクェアを意識しながらスタンスし、一度クラブを上げてスクェアになっているかをチェック。ヘッドを下ろしたらアドレスは完成、スウィング開始。これが芹澤のプレショットルーティンだ

ボール後方で素振り、目標確認。次にスクェアを意識しながらスタンスし、一度クラブを上げてスクェアになっているかをチェック。ヘッドを下ろしたらアドレスは完成、スウィング開始。これが芹澤のプレショットルーティンだ

いつも普段どおりの手順を守れば、リズムもよくなるし、アドレスの形や向きなども狂いにくくなります。ぜひ、自分ならではのルーティンを作り、しっかりと体に染み込ませてください。

「芹澤流ならスウィングが変わる」(ゴルフダイジェスト社)より

撮影/姉崎正

HONMA

This article is a sponsored article by
''.