いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第46回はヤマハ「インプレス UD+2」アイアンをピックアップ。

ゴルファーの夢を乗せた“驚”弾道

アマチュアゴルファーは自分の距離を「7番アイアンで150ヤード」と口を揃えて語る。飛距離が落ちると、それに比例してゴルフへの情熱も落ちていき、「飛ばないし、ゴルフやめたい」という人も多い。そんなゴルファーを救うアイアンが登場したのが14年。当時、このクラブを知人に勧めたら、週末に電話がかかってきた。「ヤマハのアイアン買ったんだけど、コレは凄いよ。ありがとう」と。

「7番ではなく9番アイアンで150ヤードを軽く打てる。これでライバルに差をつけられる」と喜んでいたが、その後、「みんな、僕の真似してヤマハのアイアンになった」と悲しそうな電話があった。初代インプレスUD+2アイアンは、ヤマハ史上最大のヒット作となったそうだ。

二度のモデルチェンジを経て今年発売された“インプレスUD+2アイアン”は完成度を増した。新LUNITフェースは、ソール部分まで拡大された広域反発フェースで、反発係数がルールギリギリに。重心点をフェースセンターへ近づけて、初速のアップも狙った。ブレードアンダーカットとトップブレードの軽量化による余剰重量を最適配分して、超低重心・超深重心となりボールが上がりやすく、つかまりがよくなり、そして脅威の飛距離性能を実現した。

画像: ソール部分と一体化したフェース構造が反発エリアを拡大させた。またCOR値0.822というルールギリギリの反発性能が飛距離をアップさせた

ソール部分と一体化したフェース構造が反発エリアを拡大させた。またCOR値0.822というルールギリギリの反発性能が飛距離をアップさせた

ぶっ飛び系アイアンの弱点は、飛距離は出るけど打点による距離のばらつきが大きいことだが、このアイアンは、その弱点を補って、スコアメークに欠かせない飛距離の階段をしっかり作ることができる。

「アイアンは飛ばなくていい」と上級者は口にするが、そんな上級者も、このアイアンの飛距離の魅力の前には、「やっぱりアイアンも飛ぶほうが有利」と言い始めるらしい。絶対にライバルに教えたくないアイアン、それが“インプレスUD+2アイアン”だ。

ヤマハ「インプレス UD+2」アイアンを1名にプレゼント

今週紹介の「ヤマハ インプレス UD+2 アイアン(5I~PWの6本セット)」を、抽選で1名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: http://www.golfdigest.co.jp/digest/wgd/nextbreak/

http://www.golfdigest.co.jp/digest/wgd/nextbreak/

※ここで提供いただく個人情報は商品発送のほか、弊社ゴルフ関連情報のご案内に使用させていただく場合がございます。

※雑誌公正競争規約の定めにより、この懸賞に当選された方は、この号の他の懸賞に当選できない場合があります

撮影/三木崇徳、文/田島基晴

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.