100を切るためには様々なハードルがあるが、意外とスコアを崩すことが多いのがティショット。とくにOBに打ち込んでしまうとダボ以上がほぼ確定となるだけに、絶対に避けたい。100を切るためのティショット戦略を考えた。

ゴルフは難しい。このスポーツに触れた人の誰もが、一度はそう思うのではないでしょうか。とくに、100を切りたいレベルのゴルファーならば、ラウンドのたびにそう痛感するはずです。

なぜゴルフは難しいのでしょうか。理由のひとつが、ボールを思うように操れない点にあるのは間違いがありません。

真っすぐ狙っているのに右に曲がる。あるいは、左に曲がる。しかも、曲がった先にはなぜかOBや池がある。その結果、スコアを崩してしまう……“ゴルファーあるある”です。

プロは、ハザードを避けてベストポジションを獲るために、弾道の左右高低スピン量までをコントロールしてコースを攻めます。多少なりとも球筋をコントロールできれば、スコアをまとめやすいのは間違いありません。

球筋をコントロールする。そう聞くと、「無理無理、俺はスライス専門だから」と思う人は多いと思います。実は、それで十分なんです。

たとえば左にOBがあるホールは、スライスが有効な球。最悪なのは、「普段はスライスするのに、
このホールに限って左に曲がった」という状態。これを“逆球”と言いますが、スコアメークにはこれが一番良くありません。

「普段はスライスだけど、たまにつかまったドローも打てるんだ、俺は」と自慢している場合ではありません。それならば「100%、いつでもどこでもスライスです」という人のほうが、100切りのチャンスは多いのです。

画像: 確実にスライスを打てるゴルファーには100切りのチャンスあり!?

確実にスライスを打てるゴルファーには100切りのチャンスあり!?

そうはいっても、そのスライスが右の林や隣のホールまで曲がってしまうとなれば、100切りは簡単とは言えないのも事実です。スライスの曲がり幅が大きい場合、どうすればいいのでしょうか。

・ティグラウンドの右端にティアップし、フェアウェイ左サイドを狙う

これは有効な対策のひとつです。

・フェースをかぶせて構える

やりすぎると一番ダメな“逆球”が出ますが、これも有効な対策です。

ほかにも、お金、あるいは時間が必要という欠点がありますが、「ドライバーをよりつかまるものに買い換える」「一生懸命練習し、曲がり幅を抑える」などの対策がありますが、上に挙げたお手軽なふたつの対策で、問題なく100切りは達成できるのではないでしょうか。

いずれにしても、なんとなく真っすぐ狙ってOBを打っているのだとしたら、そのOBはしかるべく対策することで確実に減らすことができます。そして、スライスだけで100は切れる。そのことを忘れずに、次のラウンドに向かってもらいたいと思います。

(『100切りマネジメント研究所』より)

撮影/増田保雄

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.