いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第50回はダンロップ「スリクソン Z585 ドライバー」をピックアップ。

サウンドリブが打音の良さを生む 

ゴルフ中継を観ていると、ツアープロの飛距離に圧倒される。その飛距離には目がいくのだが、彼らがフェアウェイを捉えている確率の高さには意外と目がいかない。昨年の日本の男子ツアー、フェアウェイキープ率1位の記録は70.83%。驚異的な確率だ。

15年から、フェアウェイキープ率1位をひた走る稲森佑貴。昨年よりなんと4%近く確率を上げ、今年も圧倒的な1位。彼はシーズン途中に『スリクソンZ585 ドライバー』に変更した。発表後すぐに変更し、念願の初勝利を、日本オープンというメジャーで達成した。

変更した決め手はシンプルで、「飛んでさらに曲がらないから」。軽比重・高強度・高弾性チタン合金を使用したカップフェース構造、フェースからクラウン、ソールの巻き込み部分を理想的にたわませて、高反発エリアが約76%拡大。クラウン部分には軽量のカーボン素材を採用し、3グラムの余剰重量をヘッドに再配分することで、慣性モーメントを大きくしている。カーボン素材は音が気になるといわれるが、リブをうまく組み合わせ、従来と遜色ない打音にもした。

画像: ゼクシオテンで採用した「第三世代のカップフェース」をZ585にも採用。前モデルに比べ、反発係数0.80以上の高反発エリアが176%まで拡大した

ゼクシオテンで採用した「第三世代のカップフェース」をZ585にも採用。前モデルに比べ、反発係数0.80以上の高反発エリアが176%まで拡大した

「ゼクシオテン」から「Z585」に変更した稲森は、アマチュアでも使えるやさしいドライバーが好み。プロといえども、いつも芯でとらえられるわけではなく、ミスヒットに強いのは大切なポイント。ドライバーと信頼関係が築けるとゴルファーが気持ちよく振り切れ、さらに飛距離が伸びる。

アマチュアは、奇跡の一発がいつまでも記憶に残りがち。しっかりとフェアウェイキープし、いつものセカンドショット地点より、前から打てる小さな幸せを繰り返すことが大切だということに気がつかない。小さな幸せをいつも叶えてくれる「Z585」はそんなドライバーだ。

ダンロップスリクソンZ585ドライバーを2名にプレゼント

今週紹介の「ダンロップ スリクソン Z585 ドライバー」を、抽選で2名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

※ここで提供いただく個人情報は商品発送のほか、弊社ゴルフ関連情報のご案内に使用させていただく場合がございます。

※雑誌公正競争規約の定めにより、この懸賞に当選された方は、この号の他の懸賞に当選できない場合があります

撮影/三木崇徳、文/田島基晴

HONMA

This article is a sponsored article by
''.