2018年は選手会長に就任し、国内ツアー本格復帰。前半戦は低迷するも、最終戦「日本シリーズJTカップ」でプレーオフに持ち込んでの2位タイに。完全復活への手ごたえをつかんだ。そんな石川が選んだ14本のクラブとは?

「クラブのせいではない。あくまで悪いのは自分のスウィング」

2018年、石川はクラブセッティングを一度も替えずにシーズンを戦い抜いた。

「クラブは、距離感や打感が自分の体に染み込んでいるものを使いたい。頻繁に替えると自分が悪いのか、クラブが合っていないのかわからなくなり目の前が真っ暗になっちゃうんです」。

ドライバーショットに悩んだときも、この考えは変わらなかった。

「ずっと同じものを使っているからこそ、自分のよさ、悪さというものがわかる。右へのミスが多いのであれば、つかまりやすいドライバーに替えれば、右へのミスはなくなるけど、悪い部分の本質は解消されず、また別の形で現れる。クラブが悪いのではなく、あくまで悪いのは自分のスウィングなのです」

現在、2019シーズン開幕へむけ、新クラブの投入を検討中でもある。

「スウィングの良し悪しを判断するバロメーターになっているのが、3番ウッド。14本のなかで一番つかまりやすいから」と、明確な基準も持っているだけに、あとは自分のなかでの感覚とマッチするか否かだ。

画像: 「自分の状態を知るバロメーター」と話す3番ウッド。「キャロウェイ XR 16」(13.5度)

「自分の状態を知るバロメーター」と話す3番ウッド。「キャロウェイ XR 16」(13.5度)

2018シーズン終盤からは、3番ウッド同様、長年手にしている2番アイアンに、これまでの「モーダス プロトタイプ」のシャフトにカーボン素材をコーティングした新シャフトを投入。新シーズンを見据えた試行錯誤をすでに始めている。

撮影/岡沢裕行

さらに詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト2019/1/1号「pro's spec」をチェック!

HONMA

This article is a sponsored article by
''.