2018年シーズンも女子ツアーに数多くのニューヒロインが誕生した。その中でも特にフォトジェニックな選手の中から、ツアー担当が選んだ三浦桃花の特別ショットを紹介しよう。

宮崎県出身の三浦桃花は1999年生まれの19歳(2018年12月31日現在)。2018シーズンはレギュラーツアーに33試合出場した。前半戦こそコンスタントに予選通過を重ねたものの、後半戦では調子を崩し賞金シード入りはできなかったが、平均飛距離は246.66ヤードと全体でも9位に入り「可愛いくて飛ばす!」というギャップで多くのファンの心を奪った。

2019年はファイナルQT(予選会)6位の資格でツアーを戦う三浦。2018年以上の活躍を、多くのゴルファーが期待している。

画像: カメラを見つけると笑顔とピースで対応してくれる三浦桃花(撮影/大澤進二)

カメラを見つけると笑顔とピースで対応してくれる三浦桃花(撮影/大澤進二)

そんな三浦の写真を紹介しよう。トップ画像にもなった写真はヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最終日の1枚。白と青でまとめた爽やかなコーディネートに三浦の笑顔が光る1枚だ。

画像: カメラ目線が可愛い(撮影/大澤進二)

カメラ目線が可愛い(撮影/大澤進二)

続いてはバンテリンレディスオープン最終日。これまたカメラを見つけてカメラ目線ではにかむ三浦。黄色くて明るいウェアも似合う。

画像: カリス・デイビッドソンと二人で「ピース!」(撮影/大澤進二)

カリス・デイビッドソンと二人で「ピース!」(撮影/大澤進二)

続いてはニチレイレディスの2日目。あいにくの雨の中、一緒に回ったカリス・デイビッドソンとハイチーズ。

画像: 飛ばし屋だからこそ曲げたらまずい……!(撮影/姉崎正)

飛ばし屋だからこそ曲げたらまずい……!(撮影/姉崎正)

Tポイントレディスゴルフトーナメント最終日での1枚。「あ! やっちゃった!」という表情か。

画像: 真剣な表情も魅力的(撮影/大澤進二)

真剣な表情も魅力的(撮影/大澤進二)

最後はニチレイレディス最終日から、プロゴルファーらしく真剣な表情のこの1枚。

いかがだっただろうか? とにかく表情豊かでスター性十分なのが、この写真からも感じられたはず。まだまだ見たいという方は下記よりどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.