ドライバーの飛距離が今よりも10ヤード、20ヤード伸びたら、あなたのゴルフは激変するに違いない。そんな「飛ばし」をみなさんに伝授するのはUSLPGA(米女子プロゴルフ協会)のティーチング会員でレッスンプロの小澤美奈瀬。記事と動画で飛ばしに重要なポイントをわかりやすく伝える。

飛ばしだって最初が肝心! 飛ばすための「アドレスとは?」

こんにちは! USLPGAティーチング会員の小澤美奈瀬です。みなさん、ドライバーは飛んでいますか? ドライバーはやっぱりゴルフの華。飛ばして仲間に差をつけたいですよね。そんなみなさんに、私がアメリカ流の飛ばしのエッセンスをお教えしちゃいます。

今回のテーマはアドレスです。アドレスって動きがないし地味な部分なんですけど、スウィングにおいてはものすごく重要なんです。実際、スウィングをいじらなくても、アドレスさえ直せばスウィング全体がよくなって一気に飛距離が伸びるなんてケースもめずらしくないんですよ。何よりアドレスは、ボールを打たずに家でも練習したりチェックできる部分なので、いちばん手軽な飛距離アップポイントでもあります。

画像: アドレスで重要なのは下半身のどっしり感

アドレスで重要なのは下半身のどっしり感

アドレスで私がいちばん大事にしているのは、「下半身のどっしり感」です。飛ばせていないアマチュアの方の多くは、上半身に力が入りすぎていて下半身が疎かになっているケースがほとんど。上半身と下半身の比率で言えば、私は下半身が100%って言いたいくらいです。

基本は前後左右のバランスがいい状態、前後も左右も5対5の体重配分で構えてください。アマチュアの方の多くは普段かかと側に体重がかかっているので、そういう方にとっては前後5対5だと、少し前寄りに体重がかかっていると感じるかもしれません。でも絶対にかかと体重はダメですよ!

そして、足の裏で地面をガシッとつかむようなイメージで下半身をどっしりさせてください。下半身に意識が行けば、上半身の力みも自然と抜けやすくなります。私の場合、ふくらはぎの筋肉をかなり意識しています。

画像: ふくらはぎの筋肉を意識して見ましょう

ふくらはぎの筋肉を意識して見ましょう

構え方のポイントは、股関節から前傾すること。まず直立した姿勢から両足の付け根にクラブなどを当てて、そこから折り曲げるように前傾してください。少しお尻を上に突き出すような感じがあってもいいと思います。

画像: 足の付け根にクラブを当てて、股関節から前傾します

足の付け根にクラブを当てて、股関節から前傾します

このとき、ひざを曲げすぎると前傾が浅くなりやすいですし、かかと体重にもなりやすいので、まずはひざを伸ばして前傾して、アドレスの最後に少しひざをゆるめるくらいのイメージでいいと思います。

そして左腕が肩から真下にダランと垂れ下がったところでクラブを握ります。

画像: 両腕が肩から真下に下がったところでクラブを握りましょう

両腕が肩から真下に下がったところでクラブを握りましょう

このとき、上体を少し右に傾けてほしいのですが、腰のポジションを左にスライドして上体を傾けてしまうとバランスが崩れますし、股関節を使った回転ができなくなってしまうのでNGです。腰の位置を動かさないように注意しながら、腰から上だけを少し右に傾けるのがポイントですよ。

画像: 腰の位置はそのままで上体を少し右に傾けましょう

腰の位置はそのままで上体を少し右に傾けましょう

このように上体が右に傾いた形で構えられると、右腕が自然と下に回りますので、右手のグリップはそのまま自然に下側から持つようにしてください。右手を上からかぶせるようにすると右肩が前に出やすく構えが歪んでしまうので要注意です。

画像: 左手でクラブを握ったら右手は下から持つように

左手でクラブを握ったら右手は下から持つように

どうですか? ご自分の普段の構えとはイメージが違いますか? 慣れないと最初は気持ちが悪い部分もあるかもしれませんが、この違和感に負けずに正しい構えを作ることが、飛ばしの第一歩! 私のアドレスを見ながら、ご自宅の鏡などでチェックしてみてください。

撮影協力/ヒルズゴルフアカデミー

画像: 飛ばしのアドレスは足の指で地面を掴め!~小澤美奈瀬の飛距離アップレッスン①~ youtu.be

飛ばしのアドレスは足の指で地面を掴め!~小澤美奈瀬の飛距離アップレッスン①~

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.