1991年生まれ兵庫県出身の大堀裕次郎(おおほり・ゆうじろう)。2018年は、トップ10入り2度、賞金ランキング43位につけた。プロ6年目となる今年は、念願の初優勝が期待される。そんな彼を支える14本のクラブとは?

ドライバーは、新モデルを中心に試行錯誤しながら現在も模索中

大堀裕次郎の特徴と言えば、長身から繰り出されるドライバーショットだが、本人は「むしろ、ティショットは苦手ですね」と言う。

「ときどき曲げてしまうときがあるティショットは僕の課題です。できるだけやさしく打ちたいので、エースは『ゼクシオ ナイン』です」

ドライバーに関しては、スリクソンのドライバーなど、新モデルを中心に試行錯誤しながら、現在も模索を続けている。フェードヒッターの大堀にとって、ボールのつかまりがいいゼクシオは扱いにくいのでは? と思うが……。

「確かに、つかまりすぎるときもありました。だから、見た目をできるだけスクェアに見えるように調整しています。そのまま使うと少しかぶって見えてしまいますからね」(大堀)

そのうえで、楽にキャリーが出せて飛距離が稼げるゼクシオをチョイスしている。

画像: ドライバーは「ゼクシオ ナイン」を使用。ミスの度合いを抑え「楽に飛距離が出せる」ことが理由だ。ゆったり振る大堀自身のスウィングにマッチしている

ドライバーは「ゼクシオ ナイン」を使用。ミスの度合いを抑え「楽に飛距離が出せる」ことが理由だ。ゆったり振る大堀自身のスウィングにマッチしている

ドライバーが弱点だけに、グリーン周りのリカバリーが重要になるが、その手助けになっているのが「スリクソン Z- STAR ボール」だ。

「以前のボールよりも、スピンがしっかり入りますね。でも、スピンが入りすぎて戻ってしまうこともないので、イメージどおりの球が打てます。新しいボールのおかげでアプローチはもちろん、ドライバーの球筋も安定しました」(大堀)。

新兵器を武器に、今年こそ悲願の初優勝を狙っている。

さらに詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト2019/1/29号「pro's spec」をチェック!

撮影/姉崎正

HONMA

This article is a sponsored article by
''.