マスターズの開幕を前日に控えた水曜日、オーガスタナショナルGCではパー3コンテストが華やかに開催される。ただ、もちろん、そのなかでも選手たちの入念な調整は続く。現地で取材するゴルフスイングコンサルタントが、世界ランク1位のジャスティン・ローズのマスターズ直前の様子をレポート。

18番グリーンを「3組分」の時間を使ってチェック

マスターズ開幕前日の水曜日も、コースと練習場で有力選手たちをウォッチしました。そのなかで、もっとも印象的だったのが世界ランク1位のジャスティン・ローズです。

練習場では、コーチのショーン・フォーリーとスウィングを調整していたのですが、どうもいつもと様子が違う。普段は身振り手振りを交えて、ともすれば選手より目立つフォーリーが、すごくおとなしい。なにを意味するかといえば、それだけ“仕上がっている”ということでしょう。

画像: ドローボールを練習場で打ち続けたローズ。コーチのショーン・ローリーも今日は静か

ドローボールを練習場で打ち続けたローズ。コーチのショーン・ローリーも今日は静か

ローズはドローもフェードも両方打ち、どちらかといえばフェードが中心という選手ですが、今日はティショットからアイアンまで、ドローボールしか打っていませんでした。オーガスタは左ドッグレッグのホールが多く、ドローが有利。完全なるマスターズ仕様に仕上げています。

驚いたのは練習ラウンドです。2017年、ローズは最終18番で行われたプレーオフ、左手前に切られたピンに入れることができず、セルヒオ・ガルシアにグリーンジャケットを譲りましたが、今日の練習ラウンドでは、その左手前に目印を置き、20球近く練習を繰り返していました。

画像: 立てられたピンは無視し、最終日のピン位置を想定してひたすら練習していた

立てられたピンは無視し、最終日のピン位置を想定してひたすら練習していた

同組の選手はお先にホールアウト。後ろからはジョーダン・スピースとパトリック・カントレーの組がやってきます。するとローズは後ろに合図をして打たせ、今度は自分の練習とともに、スピースたちのパット練習をじっと見守り始めたのです。写真Aをご覧ください。まるでローズがスピースのコーチみたいでしょ(笑)。彼のタッチから、なにかヒントを探ろうというのです。

画像: 写真A:スピースのパットを真剣そのものの形相で見守るローズ。並々ならぬ気合いを感じる

写真A:スピースのパットを真剣そのものの形相で見守るローズ。並々ならぬ気合いを感じる

さらにさらに、スピースたちの組が去ると、今度はそのまた後ろのトニー・フィナウとアレックス・ノレンの組にも打たせ、彼らのパッティングも見守っていました。練習ラウンドのひとつのグリーンで“3組分”練習する選手を見たのは初めてです。

徹底的なグリーンのチェック、ドローに揃えたショットの準備。この姿を見て、ローズが世界ランク1位であることの理由がわかったように思います。才能や技術力だけではなく、ものすごく周到な準備をして試合に臨んでいるのです。準備力、計画性、頭の良さ、そして執念……それらが図抜けているからこそ、彼は世界ランク1位なのでしょう。

勝てるかどうかはわかりませんが、ローズは完全に勝ちにきている。その凄みを肌で感じる1日でした。

画像: クラブがインサイドから降りるバックスウィングの上げ方【レッスン放浪記・鈴木真一プロ編①】 youtu.be

クラブがインサイドから降りるバックスウィングの上げ方【レッスン放浪記・鈴木真一プロ編①】

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.