ティショットはギリギリOBを免れたが、ボールはOB杭に寄り添うように止まっていた。邪魔だったので抜いたところ、同伴者から「OB杭は抜いちゃダメ!」と指摘が。そこで杭を元に戻して打とうとしたのだが……。
画像: 「あ! あれじゃない?」「よかった、ギリギリセーフ!」

「あ! あれじゃない?」「よかった、ギリギリセーフ!」

ティショットは林のほうへ。慌てて探しに行ったところ、なんとかOBは免れていたものの、OB杭に沿ってボールは止まっていた。「よかった! まあギリギリセーフね」

画像: 「う~ん、ちょっと邪魔ね」

「う~ん、ちょっと邪魔ね」

「ボールは助かったから、よかったけれど……。う~ん、このまま打とうとするとどうしてもOB杭が邪魔になるわね。あ、そうだ!」

画像: 「えいっ!」 ズボッ! 「あ!」

「えいっ!」 ズボッ! 「あ!」 

「これさえなければいいのだから、私が打つときだけ抜いてしまえばいいわ。えいっ!」「ちょっと待って! OB杭は抜いちゃダメなんじゃない?」

画像: 「そ、そうでしたっけ?(こっそり戻そう~っと)」そ~~~っ

「そ、そうでしたっけ?(こっそり戻そう~っと)」そ~~~っ

OB杭が邪魔なので抜いた! どう処置すればいい?

ティショットはギリギリでOBを免れたが、杭にピタッと寄り添うようにボールは止まっていた。このままだと打ちづらいので、OB杭を抜いたところ、同伴者が慌てて「抜いちゃダメ!」と指摘。そこで杭を元に戻して何事もなかったかのように打とうとしたのだが、これっていいの?

  • OBは動かせる障害物なので無罰で抜いて動かせる

    正解は「元に戻せば無罰」。OB杭は「境界物」のため、罰なしの救済は認められない。したがって今回のようにOB杭を取り除くことによって「ストロークに影響を及ぼす状態」を改善してしまうと2打罰となる(規則8-1a)。ただし新ルールでは、次のストロークを行う前に、取り除いた境界物を元に戻せば、罰を免れることができる(規則8-1c)。

  • 境界物なので動かすことはできず、抜いた時点で2打罰
  • 動かしてはならないが、ストローク前に元の状態に戻せば無罰
  • OBは動かせる障害物なので無罰で抜いて動かせる
    44
    2052
  • 境界物なので動かすことはできず、抜いた時点で2打罰
    34
    1579
  • 動かしてはならないが、ストローク前に元の状態に戻せば無罰
    23
    1060

正解はC、動かしてはならないが、ストローク前に元の状態に戻せば無罰。OB杭は「境界物」のため、罰なしの救済は認められない。したがって今回のように、OB杭を取り除くことによって「ストローク影響を及ぼす状態」を改善してしまうと2打罰になる(規則8・1a)。ただし新ルールでは、次のストロークを行う前に、取り除いた境界物を元に戻せば、罰を免れることができる(規則8・1c)

週刊ゴルフダイジェスト5/7・14合併号「ゴルルと新ルール」より(監修・小山混、増田保雄)

This article is a sponsored article by
''.