バンカーからナイスアウト後、砂を均していたところ、同伴者が打ったボールがカップをオーバーして自分のボールに当たりそうに。それを見て、慌てて自分のボールをマークして拾い上げたところ、同伴者から2打罰の指摘を受けてしまった……。
画像: 「ナイスオンでーす!」「ありがとう~」

「ナイスオンでーす!」「ありがとう~」

3打目をバンカーから、ナイスオン! 「ごめ~ん、バンカーの砂を均してきれいにしてから行くから、先に進めといてもらえるかな?」

画像: 「あら? ちょっと強く打ち過ぎちゃったかも!」

「あら? ちょっと強く打ち過ぎちゃったかも!」

「了解! じゃあ、お先に打つわね~。ヤバッ! ちょっと強く打ち過ぎちゃったかも……」

画像: 「当たっちゃう!」サッ!!

「当たっちゃう!」サッ!!

「さ~てと、ボールをマークして……っと。ヤダッ! このままだと私のボールに当たっちゃうじゃない」(サッ!! とマーク)

画像: 「あぶかなかった~」「……先輩、それ2打罰です」

「あぶかなかった~」「……先輩、それ2打罰です」

ほかの球の動きに影響を及ぼしそうな球を動かしたらどうなる?

バンカーからナイスアウト後、バンカーを均し終わり自身のボールの元に向かうと、同伴者の打ったボールがカップをオーバーして自分のボールのほうへ。そこで慌ててボールをマークして拾い上げたのだが、それに対して「2打罰」と指摘を受けてしまった。

  • 2打罰
  • 罰なし
  • 2打罰
    29
    1671
  • 罰なし
    71
    4166

正解は「罰なし」。旧ルールでは、球が動いているとき、その球の動きに影響を及ぼすかもしれない球を拾い上げると2打罰が科せられた。しかし新ルールでは、他の球が動いているときに、グリーン上の球をマークして拾い上げたり、取り除かれた旗竿・クラブなどを動かしても罰はない(規則11・3)。ただし、グリーン上以外の球を動かした場合は2打罰。

週刊ゴルフダイジェスト6/18号「ゴルルと新ルール。」より(監修・小山混、撮影・Tomoya Nomura)

This article is a sponsored article by
''.