ピンを立てたままパットしたところ、ピンに寄りかかるようにしてカップの縁でボールが止まった。入ったと思い、ボールを拾い上げたが、同伴者からはカップインしていないと指摘を受けてしまった。
画像: 「お! いいかも♪」

「お! いいかも♪」

バーディパットは、うまくラインに乗って、カップへ向かって一直線! 「ちょっと、これいいんじゃない? そのまま入っちゃえ!!」

画像: ガシャン! ピタッ。「やったー!!!」

ガシャン! ピタッ。「やったー!!!」

「やったーーーー!! 読みはバッチリ! バーディ獲れたわ、うれしい~」。しかし、ボールは傾いたピンに寄りかかるようにして止まったままの状態に。

画像: 「えへへ、今日初バーディ!」スッ

「えへへ、今日初バーディ!」スッ

「ラッキー! バーディいただきました!」そう言いいながら、上半分がカップの縁からせり出すように止まったボールを拾い上げたけれど、同伴者からは物言いが……。

画像: 「まだカップインしてないじゃない!」「え?」

「まだカップインしてないじゃない!」「え?」

ボールの上半分がカップの縁からせり出す形で止まっていた。カップインは認められる?

新ルールに基づいてピンを立てたままパットしたところ、ボールは上手くラインに乗って、ピンに当たった。しかしピンが傾いていたせいか、ボールはピンに寄りかかるようにして止まった。入ったと思い、ボールを拾い上げたが、同伴者からはカップインしていないと指摘を受けてしまった。

  • 認められる
  • 認められない
  • 認められる
    72
    3870
  • 認められない
    28
    1530

正解は、「認められる」。旧ルールでは、球全体がパッティンググリーン面より下に落ち込んでいなければ、ホールインとは認められなかった。しかし新ルールでは、球の一部でもグリーン面より下にあれば、その球はホールに入ったものとして扱われる(規則13・2c)。したがって今回のケースは、球を拾い上げても問題なく、ホールアウトとみなされる。

週刊ゴルフダイジェスト7/16号「ゴルルと新ルール。」より(監修・小山混、撮影・Tomoya Nomura)

This article is a sponsored article by
''.