バンカーショットが上手くいかず、アゴに当たってボールが跳ね返り、自分の足に当たってしまった。同伴者からはペナルティの指摘を受けたけれど……。
画像: 「えいっ!」

「えいっ!」

バンカーからの第3打。「距離は短いけれど、この高いアゴを越えなきゃいけないし……。よし気合入れて。えいっ!!」

画像: ドンッ! 「あ!!」

ドンッ! 「あ!!」

「あ!! アゴに当たっちゃった。あ~ん残念、やっぱり出せなかったか~!!」

画像: コロコロコロ……、トン

コロコロコロ……、トン

「やだ! ボールがこっちに跳ね返って戻ってきちゃった。とっさのことで避けられず、自分の足に当たっちゃったんだけど……」

画像: 「ワンペナね」「あれ? ルール変わったわよね……」

「ワンペナね」「あれ? ルール変わったわよね……」

バンカーで自分の打った球が足に当たったら?

2打目がグリーン手前のバンカーへ。続く3打目はボールがアゴに当たって跳ね返ってしまったが、転がってきたボールを避けることができず、足にヒット! それを見た同伴者からペナルティを指摘されたが、自分は無罰を主張した。さて正しいのはどちら?

  • 1打罰
  • 無罰
  • 1打罰
    44
    2695
  • 無罰
    56
    3394

旧ルールでは、動いている球がプレーヤーによって偶然方向を変えられたり止められたりした場合は、一打罰が科せられた。しかし新ルールでは、動いているプレーヤーの球が偶然に人や外的影響に当たった場合、誰にも罰はなく、球はあるがままにプレーする(規則11-1)。今回のようにバンカー内で自球が当たった場合も同様で、罪はない。

週刊ゴルフダイジェスト9/3号「ゴルルと新ルール。」より(監修・小山混、撮影・増田保雄)

This article is a sponsored article by
''.