バンカーに入ったボールを打とうとしたところ、近くに石があるのに気がついた。石を拾おうとしたところ、手が砂に触れてしまった! これってペナルティになるんだっけ?
画像: 「あちゃ~、バンカーだぁ」

「あちゃ~、バンカーだぁ」

パー3のティショット。「気合を入れて……。あちゃ~!! バンカーへ一直線だわ」「ドンマイ、ドンマイ!!」

画像: 「……あら、石があるわね」

「……あら、石があるわね」

「グリーン周りのバンカーは苦手なのよね。ここは確実に出すことだけを考えようっと。……あら、石がボールの近くにあるわね」

画像: 「新ルールで、確かこの石は拾ってよくなったのよね」

「新ルールで、確かこの石は拾ってよくなったのよね」

「このまま打とうと思えば打てそうだけれど、やっぱり石が気になるわね。確か新ルールでは、この状況なら拾っていいのよね」

画像: 「小石拾いまーす!」「待って! 砂に触ってない?」

「小石拾いまーす!」「待って! 砂に触ってない?」

バンカーで小石を取り除くときに砂に触れたらどうなる?

パー3のティショットをバンカーに入れてしまった。ライは悪くないものの、球のすぐ後ろに小石があるのに気がついた。このままでも打てそうだが、気になったので石を拾うことにしたが、手が砂に触れてしまった! それを見た同伴者から、ペナルティを指摘されてしまった。

  • 2打罰
  • 罰なし
  • 2打罰
    24
    901
  • 罰なし
    76
    2893

正解は、「罰なし」。新ルールでも、旧ルール同様、バンカー内の球に対してストロークを行う前に、そのバンカーの砂を故意に触れることは禁止されている。しかし、バンカー内でのルースインペディメントの除去が認められたことに伴い、ルースインペディメントを取り除いている間にそのバンカーの砂に合理的に触れることも認められるようになった(規則12-2)。

週刊ゴルフダイジェスト9/17号「ゴルルと新ルール。」より(監修・小山混、撮影・増田保雄)

This article is a sponsored article by
''.