ドライバーが今日イチでフェアウェイキープ! 残りは150ヤードを切り、パーは確実、あわよくばバーディ狙うぞ……とピンを狙って打ったセカンドがわずかに外れてそこから寄らず入らず上がってみればボギー。一体なぜなんだ! 関東在住匿名5下シングル氏は「あきらかにマネジメントミス」だと言うのだが……?

上手い人は「とりあえず乗せる」マネジメントを徹底している

90を切れないレベルの方に共通していることがあります。それは、グリーンを狙うショットで、例外なくピンを狙って打つことです。これではスコアはまとまりません。

上手い人のマネジメントは「とりあえず乗せる」が共通点。端っこに切ってあるピンを狙って、ピンが立っているサイド(ショートサイド)のラフやバンカーに外すのは論外。奥のピンを狙って打って奥に外すのも、大NG。そんなふうに考えます。詳細は省きますが、理由は簡単で「とりあえず乗せる」ほうがスコアが良くなることが骨身にしみているからです。

では、ピンを狙わないのであれば、どこを狙うかです。今回は、その基本的なところをまとめたいと思います。それはもちろん、距離によっても異なります。100ヤード未満であれば、基本的にはピンを狙っていっていいでしょう。

では、100ヤード以上ならどうでしょう。右に切られていれば、ワンピン左。左に切られていれば、ワンピン右。ショットに自信がなければ、ワンピンではなく2ピンにしてください。それが「左右」の基本的な考え方です。

続いて「前後」ですが、奥に切ってある場合、狙いはピンとグリーンセンターの中間地点。手前の場合は奥も手前もある程度OKなので、ピンの距離を打ちましょう。もちろん、前後左右すべて引っくるめて、つねにグリーンセンター狙いという考え方もアリです。大事なのは「とりあえず乗せる」ことですから。

画像: 匿名5下シングル氏が説く「懐中電灯マネジメント」の模式図。遠くにいくほど光の幅(=ショットのブレ幅)が広がるため、より安全に狙うようにすることを表している

匿名5下シングル氏が説く「懐中電灯マネジメント」の模式図。遠くにいくほど光の幅(=ショットのブレ幅)が広がるため、より安全に狙うようにすることを表している

たとえばピンが奥に切られた受けグリーンを想定しましょう。ピンを狙って奥に外して、たとえば次はエッジまで3ヤード、ピンまで8ヤードの左足下がりのアプローチが残ったとします。こんなの寄るわけないですよね。でも、ピン手前12メートルにオンならば、8割方、2パットで切り抜けられます。何度でも言いますが、「とりあえず乗せる」ほうがスコアは良くなるのです。

では、120ヤードなら? 150ヤードなら? 180ヤードなら? 私は、懐中電灯をイメージするといいと思います。懐中電灯は、基本的に遠くに行けば行くほど光の当たる範囲が広がりますよね。この光の幅が、ショットのブレ幅と考えてください。その幅がグリーンの範囲になるべく収まるように狙うのがコツです。当然、幅の広がる長い距離ほど、安全に狙うことになります。右にピンが切られているとして、100ヤードならピン狙い。150ならワンピン左。180ならグリーンセンターというように(画像A参照)。

ピンを狙うと、わずかなブレでグリーンを外してしまいます。練習場などで自分の光の幅を知り、コースでは自分の光の幅を意識して、グリーンに乗せられるとこを狙うということがとても大切です。

基本は、ピンが切られているのと反対側を狙い、「とりあえず乗せる」こと。「俺にはそんなショットの精度はないから」と思われるかもしれませんが、この考え方は100が切れないレベルから、パープレーを目指すレベルまで共通して恩恵を受けられる考え方。だまされたと思って、まずは一度実践してみてはいかがでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.