同伴者の持ち物である、距離計測器を借りようとしたところ、ラウンド中の用具の貸し借りは禁止されていると拒否されてしまった! 距離計測器を借りるのは認められないんだっけ?

先輩! 計測器貸してください。

画像: 「やったー! 先輩よりも飛びました♪」

「やったー! 先輩よりも飛びました♪」

ティショットを終えて、セカンド地点へ。「あら? 私の方が先輩よりも飛びましたね。やったー!」「うそー!! 後輩に負けるなんて悔しいわ~」

画像: 「えーっと、残り距離は……」

「えーっと、残り距離は……」

「じゃあ、私から先に打つわね。残り距離はどのくらいだろう。計測器で測ると……」

画像: 「私にも、貸してくださーい!」

「私にも、貸してくださーい!」

「残り143ヤードだから、クラブは7番でいいかな~」「先輩! 私も正確に残り距離を知りたいので、計測器貸してもらえます?」

画像: 「クラブといっしょで貸し借りはできないのよ」「え~!!!」

「クラブといっしょで貸し借りはできないのよ」「え~!!!」

同伴者が持っている距離計測器を借りて使用することは認められる?

ティショットをフェアウェイに運んだ二人。距離計測器で残り距離を測っていると、同伴者も自分の距離を知りたいから貸してほしい、と頼まれた。しかしラウンド中に用具の貸し借りは禁止されていると申し出を拒否したのだが……。

  • 認められる
  • 認められない
  • 認められる
    63
    972
  • 認められない
    37
    575

正解は、「認められる」。ラウンド中、クラブを共有することは禁止されており、コース上でプレーしているほかの誰かが使用しているクラブでストロークを行ってはならない(規則4-1b)。しかし、距離計測器やボールなど、クラブ以外の用具の貸し借りを禁止する項目はなく、今回のようにほかのプレーヤーから距離計測器を借りて距離を計測しても問題ない。

週刊ゴルフダイジェスト10/15号「ゴルルと新ルール。」より(監修・小山混、撮影・増田保雄)

This article is a sponsored article by
''.