セカンドショットをミスし、バンカーのへりに球が埋もれてしまった。このままでは打てなさそうなので、アンプレヤブルを宣言して救済を選択。そこでバンカー内へのドロップを選択したところ、同伴者からNGの指摘を受けてしまった……。
画像: 「あ、短いかも……? お願い、バンカーを越えてー!」

「あ、短いかも……? お願い、バンカーを越えてー!」

セカンドショットは、どうやらショート気味。「うわー、バンカーは越えてほしいんだけどな~」

画像: 「何これ~」「すごいところに止まったわね」

「何これ~」「すごいところに止まったわね」

「ギリギリのところに止まっているわね」「ほんと! でも、これはちょっと打つのが難しそうね」

画像: 「うまく打つ自信がないので、アンプレを宣言したほうが良さそうね」

「うまく打つ自信がないので、アンプレを宣言したほうが良さそうね」

「アンプレを宣言するわね。えーっと、どこからが打ちやすいかしら……」

画像: 「ピンとボールを結んだ後方延長線上に……」「バンカーの外のボールはバンカーの外にドロップしなくちゃダメでしょ?」

「ピンとボールを結んだ後方延長線上に……」「バンカーの外のボールはバンカーの外にドロップしなくちゃダメでしょ?」

バンカーの外にある球をアンプレにして救済を受ける際、バンカーの中にドロップすることは認められる?

セカンドショットがショートしてバンカーのヘリに球が埋もれてしまった。そこでアンプレを宣言して救済を受けることにしたが、「バンカーの後方は左足下がりの嫌なライだし、バンカーのほうがスピンがかかる」と、バンカー内にドロップしようとしたところ……。

  • 認められる
  • 認められない
  • 認められる
    69
    983
  • 認められない
    31
    441

正解は、「認められる」。
プレーヤーはペナルティエリア以外、どこでもアンプレにできる。ペナルティエリア以外でアンプレにした球は、①前打位置から打ち直し②ホールと球を結んだ後方延長線上の救済エリアにドロップ③球から②クラブレングスの救済エリアにドロップ から選ぶことができるが、救済エリアはどのコースエリアでもいい(規則19・2)。

週刊ゴルフダイジェスト7/14号「ゴルルとルール。2020」より。監修・小山昆、撮影・岡沢裕行

画像: 爆笑ラウンド対決、ついに決着!高島早百合への挑戦の結果は…? youtu.be

爆笑ラウンド対決、ついに決着!高島早百合への挑戦の結果は…?

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.