今回の「全力試打ギア王!」はタイトリストのユーティリティ「816H1」と「816H2」の2本を打ち比べてみたぞ!早速見てみよう

816H1と816H2

画像: 両モデルともロフトは23度

両モデルともロフトは23度

今回試打したスペックは

両モデルともロフトは23度。シャフトは純正のフジクラ社製 MCI 70 Sフレックス

FWからの流れで
選ぶなら816H1

画像1: FWからの流れで 選ぶなら816H1

第一印象は構えやすく、やさしい。構えた時にフェースが見えるから安心感もあるな。アドレス時にフェースが左を向き過ぎて引っかけるような心配もない。使用しているプロには昨年賞金王のキム・キョンテがおる。

画像2: FWからの流れで 選ぶなら816H1


無理にダウンブローに打ち込む必要はなくソールの広さを使ってレベルに振ればボールは高弾道で飛んでいってくれる印象じゃな。打感も軟らかく見た目も大きいからフェアウェイウッドからの流れでUTを選ぶ人にはH1じゃな。

アイアンからの流れで
選ぶなら816H2

画像1: アイアンからの流れで 選ぶなら816H2

816H2はH1と比べてシャープじゃ。アイアンに近い感覚で打てるからターゲットをしっかりと狙っていけそうじゃ。打球音もこっちの方が少し高い音がするな。使用しているプロにはPGAで活躍中のケビン・ナがおる。

画像2: アイアンからの流れで 選ぶなら816H2

見た目もそうじゃが、打感も含めてすべてがシャープじゃ。これならラフに入ったときにも抜けの良さを期待できそうじゃな。小ぶりなヘッドが好きでアイアン感覚で打ちたい人にはマッチしそうじゃな。アイアンの延長にUTを考える人にはHじゃな。

地面からでもティアップにも
対応するシャフト

画像: フジクラ MCI 70g  Sフレックス

フジクラ MCI 70g Sフレックス

今回試打したのはメタルコンポジットシャフトとして人気のフジクラのMCI で重さは70gじゃ。先端に金属箔が積層で入っておるから、重量としなりのバランスが絶妙で暴れが少ない印象じゃ。程よく走るから地面からでもボールを拾いやすくユーティリティによくマッチしておるな。

画像: 全力試打!ギア王 「タイトリスト 816H1 816H2」 www.youtube.com

全力試打!ギア王 「タイトリスト 816H1 816H2」

www.youtube.com
画像: www.youtube.com

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.