ケンジロウです。皆さまご無沙汰しておりました。

リオ五輪取材疲れなのか、帰国してからしばらく筆が鈍っておりました。大変失礼いたしましたm(_ _)m

今週は男子ツアーに来ております。そう、アジアパシフィック・ダイヤモンドカップの会場である茨木カンツリーです。

練習日の火曜日は台風の影響で嵐のような雨風に見舞われ、プロアマ戦も中止を余儀なくされました。台風一過の昨日はスカッと晴れるかと思いきや、一日中ドン曇り。昼過ぎには雨も降りました。なかなか悩ましい天気ですねf^_^;)

さて、昨日の練習ラウンドですが、アジアンツアーと共催ということもあって、いつもと若干ルールが違いました。

画像: マスター室前に張り出された練習ラウンドの案内

マスター室前に張り出された練習ラウンドの案内

練習ラウンドの予約は当日の到着順、マスター室に行って、プロ自らスタート枠をとらなければならないんです。

画像: 白がJGTO枠、青がアマチュア枠、オレンジがアジアンツアー枠

白がJGTO枠、青がアマチュア枠、オレンジがアジアンツアー枠

通常はキャディやマネージャーが電話でスタート枠をとるケースがほとんどですが、今回の試合は出場選手はみな平等にということなのか、どんなに有名な選手も、ベテラン選手も自らとらなければいけません。しかも他のプロの分をとっておくということもできないんです。

朝の7時からマスター室前には長蛇の列。手嶋多一、谷口徹、藤田寛之、深堀圭一郎といったベテラン勢の面々が、自ら自分の名前の書いたテープをスタート表の枠に張り付けていました。なんか微笑ましい光景ですよね。

画像: 手嶋プロも自ら枠を抑えます

手嶋プロも自ら枠を抑えます

そんななか、この大会のホストプロ・川村昌弘プロことマー君が枠をとろうとテープを貼ろうとしたところ、

「すいません、こちらプロの方しか枠をとれないんですよ」

とマスター室の中にいた関係者に言われていました(+_+)

それを受けて川村マー君、「僕、プロなんですけど…」と返すのがやっと。

周りにいた他の選手たちに笑われていましたねf^_^;)

画像1: 川村マー君あ然!!
「僕プロゴルファー
なんですけど……」

「僕もまだまだですね。もうプロになって4年なんですけどね…」(川村)としょんぼり。

帽子をかぶっていなかったから、見分けがつかなかったのか…。でも川村君と言えば、3年前にこの茨木カンツリーで行われたパナソニックオープンで勝ってますよね。過去の話とはいえ、ちゃんと覚えておいてもらいたかったですよね(;´Д`)

画像2: 川村マー君あ然!!
「僕プロゴルファー
なんですけど……」

無事に(!?)練習ラウンドを終えて、パッティンググリーンでアジアンツアーの選手たちと仲良く談笑していたマー君。アジアンツアーでも賞金を稼ぎ、ヨーロピアンツアーにも出場するなど、彼もここ4年でだいぶたくましくなりましたよね~。久しぶりの優勝に期待がかかります。

今日から始まる予選ラウンドの組み合わせ、マー君は小平智と韓国のワンジョンフンと同組です。

皆さん、注目ですよ~!(^^)!

This article is a sponsored article by
''.