2017年のサイバーエージェントレディスを制したキム・ハヌル。欠点の見当たらないオールラウンダーだが、そのスウィングの美しさにはやはり目がいく。正確で飛距離も稼ぐビューティフルスウィングを、みんなのゴルフダイジェスト編集部員でプロゴルファーの中村修が解説! ポイントは、その“体重移動”にあった。

キム・ハヌル選手の特徴といえば、なんといってもアドレスで構えた角度の通りに、いわゆるオンプレーンにクラブを上げてオンプレーンにクラブを下ろす、ワンプレーンスウィング。これは後方からの写真のほうがわかりやすいのですが、プレーン上をなめらかにクラブが動く、非常に美しいスウィングをしています。

今回注目したいのが、彼女は飛距離をどう稼いでいるかです。ポイントは、体重移動。まずバックスウィングから見ていくと、下半身をあまり動かさず固定したまま、上半身をしっかりとねじっています。下半身の動きは極めて静かです。

そして、切り返しでは左足にグッと体重が乗ります。彼女のスウィングの特徴はここから表れます。右から左に体重を移動させ、そのまま打っていくのかな? と思いきや、思い切り頭を右側に倒し、ツイストするような動きをするのです。インパクトからフォローにかけては、切り返しで左にグッとかけた体重が、再び右足に戻っているように見えます。

画像: 右→左→右の体重移動で飛ばすハヌル。ダウンからインパクトにかけて、頭がどんどん倒れていき、クラブと引っ張り合う

右→左→右の体重移動で飛ばすハヌル。ダウンからインパクトにかけて、頭がどんどん倒れていき、クラブと引っ張り合う

極端にいえば、右→左→右の体重移動をしているわけです。これは、重いものを遠くに投げることをイメージするといいかもしれません。たとえば重いバッグを投げようと思ったら、まずは体の右サイドにバッグを振って勢いをつけ、左に力のベクトルを入れ替えた後は、右足に体重を残して放り投げたほうがやりやすいはずです。

このような打ち方は、右足の内転筋をものすごく使います。彼女のしなやかな脚は、このダイナミックな体重移動をさせるために、鍛え上げられているのです。飛距離不足に悩んでいる方は、彼女の体重移動をイメージしてスウィングしてみると、新たな発見があるかもしれませんね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.