月刊ゴルフダイジェストで連載中の「マイクラブ・マイギアを語ろう!」。2017年8月号で紹介されているのは、2017年Tポイントレディスで優勝した菊地絵理香の14本。「クラブがボールをつかまえてくれる」と信頼するギアを見てみよう。

「VG3」は多少芯を外しても前に飛んでいってくれる

ドライバーは歴代の『VG3』シリーズを使い続けている菊地。昨年から使い続けているモデルは“顔”が好みだという。

「フックフェースは嫌いなんですが、右に逃げるような顔も嫌い。この“真っすぐ”に向いていて、それでいてやさしくつかまるのがいいんです」(菊地)

「ちょっと当たりが薄いなというときでも、いってみると飛んでいることが多い」と菊地。芯の広さが好みだ

トウを逃がさない、平らに近いフェース面とトップラインがスクェア感を出している。ターゲットをとらえやすい顔だ。

「スウィングをいじってつかまえるのは好きじゃない。ノーマルに振って自然につかまるからいいんです」

ディープすぎない適度なボリューム。「ストレートで右に逃げない顔が好き」

機能面でも、絶妙なつかまりやすさが気に入っている。

「つかまった球を打ちたいんですが、無理につかまえるのではなく、オートマチックに適度なつかまりになってくれます。それに、多少芯を外してもちゃんとキャリーが出てくれる。すごく安心感がありますね」

画像: 前モデルより少しハード設計というが、ラクに高く打ち出せるやさしさは変わらない

前モデルより少しハード設計というが、ラクに高く打ち出せるやさしさは変わらない

シャフトをフジクラ『スピーダー569エボリューションⅡ』から『Ⅲ』に移行したことも手伝い、飛距離にして平均2~3ヤードは伸びた実感があるという。

画像: 歴代のスピーダーを使用中の菊地。「以前より飛ぶようになりました」とのこと

歴代のスピーダーを使用中の菊地。「以前より飛ぶようになりました」とのこと

3月のTポイントレディスでは初日から首位を走り、海外勢の連勝を止めた菊地。その後、腰痛棄権もあったが完全復活。「今シーズン後半戦でも優勝狙います」と残り22試合に向けて気合十分だ。

画像: 女子プロでは珍しい14本“オールタイト”だ

女子プロでは珍しい14本“オールタイト”だ

この記事は、現在発売中の月刊ゴルフダイジェスト8月号掲載の連載「マイクラブ・マイギアを語ろう!」から抜粋。本誌では、菊地絵理香の浮気心の一切ないかっこいい14本が紹介されているぞ。ぜひ、参考にしたいところだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.