話題の新製品を評価する「全力試打!ギア王」。今回は、ルール規格外の高反発フェースで話題のプロギア「スーパーエッグドライバー ロングスペック」。さらに飛ばしたい人に朗報。46.75インチのロングスペックが発売になったぞ!

激飛びドライバーの「金egg」にさらに飛ばせる長尺モデルが登場!

ただシャフトを長くしたのではなく、ヘッドもシャフトも長尺専用設計で「スーパーエッグドライバー」よりも長さは1インチ長く、ヘッドは3グラム軽くなっている。

持った感じは、スペックの表示通り「軽い」構えてみると46.75インチの長さはほとんど感じない。軽く素振りをしてみると、クラブ全体のバランスが取れているせいか長尺を感じさせない振りやすさを感じる。

画像: ●長さ 46.75インチ ●ロフト角 10.5度 ●シャフト M-40(S) ●総重量 282グラム

●長さ 46.75インチ ●ロフト角 10.5度 ●シャフト M-40(S) ●総重量 282グラム

タイミングがとりやすく長尺なのに振り切れる

打感はやわらかく、打音は少し高めで適度なスピン量でグングン前に飛んでいくようだ。さらに、総重量282グラムの軽さによる独特の「振りやすさ」もある。これはシャフトの特性が手元の剛性感を高めてあり、タイミングのとりやすさにつながっているからだ。シャフトの中間部分のしなりを感じられるので、打ち急ぐことなく打っていける。

また、インパクトで終わらずにフィニッシュまできっちり振り抜くことでクラブの特性を使いきりたい。振りやすいから力まず、そして曲がらないということだ。

画像: 顔はすっきり構えやすい。軽いので振りやすさもバツグンだ

顔はすっきり構えやすい。軽いので振りやすさもバツグンだ

フェース面が広く安心感のあるディープフェース

次に形状をチェックしよう。やはりスクェアに構えやすい。トップラインのフランジ部分が盛り上がっていて、光が反射しターゲットに対してスクェアのラインを映し出してくれる。

投影面積が大きすぎないからシャープに振れる感覚がある。フェースの向きはオープンでもフックフェースでもなく、真っすぐに構えられる。ロフト10.5度のモデルでは構えた時にフェース面が適度に見えるので、ボールが思ったよりも上がりやすく感じる。

画像: 反射感が強いフェース。ターゲットに対してスクェアに構えやすくなる効果がある

反射感が強いフェース。ターゲットに対してスクェアに構えやすくなる効果がある

かなりのディープフェースでフェースの面積が広くて安心感がある。スウィートスポットも広そうだが、多少芯を外しても当たり負けせずに飛距離のロスも少ないようだ。

飛距離アップに直結する「高反発エリア」が広く、ボール初速を上げられるので、ヘッドスピードが少し落ちてきたかなというシニアゴルファーだけではなく、もっと飛ばしたいゴルファーがしっかり叩いても応えてくれるクラブに仕上がっている。

画像: 深重心なのでミスヒットにも強く安定して飛距離を残せられる設計

深重心なのでミスヒットにも強く安定して飛距離を残せられる設計

飛ばなくなってゴルフがつまらなくなったと思う方は試してみる価値ありだ!

動画はこちらから

画像: 全力試打!ギア王「プロギア”SUPER egg ドライバー LONG SPEC”」 youtu.be

全力試打!ギア王「プロギア”SUPER egg ドライバー LONG SPEC”」

youtu.be
画像: www.youtube.com
www.youtube.com
GOLF5

This article is a sponsored article by
''.