明日2017年11月3日から始まる日米女子ツアー共催の「TOTOジャパンクラシック」。1973年の「LPGAジャパンクラシック」から始まり、大会名称が変わりながらも2017年で44回目の開催となる。この大会の日本人唯一の複数回優勝者である上田桃子に、自身の調子と今大会について話を聞いた。

Q:今大会をどうとらえている?

この大会は2回勝っているのでイメージはいいです。1年に1回しかない大会で上手い選手が来ている。日本選手も今年調子のいい選手が選ばれているので、いい雰囲気がありますね。

自分もそうですが、他の選手にとっても刺激があって張りがある大会ではと思います。目から入ってくる良いショットやパットが多いので一緒に回っていてイメージよく回れると思います。

画像: パット練習にもしっかりと時間を割いていた

パット練習にもしっかりと時間を割いていた

Q:今年は2勝を挙げての今大会。昨年とは違う?

昨年はショットが良くなかった。ちょっとずつですけど、今年は調子が上がっているのでいい選手と回っていい戦いがしたいです。楽しみというかワクワクしています。

Q:世界ランク1位のユ・ソヨンと同組ですね

えー! 一番一緒に回りたかった選手です。彼女のパッティングスタイルが好き。コーチとも1番回りたいと話をしていたので嬉しいです。私が今思う、アメリカツアーで1番パターが上手い選手です。

上田桃子は初日を迎える2017年11月3日10組目、9時19分からユ・ソヨン、ダニエル・カンとアウトからスタートだ。観戦に行く予定の人はぜひ声援を送ろう。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.