宮本勝昌プロ、藤田寛之プロらを指導する芹澤信雄プロが主宰する「チームセリザワ」。そのメンバーが実際に取り入れている練習法を紹介している著書「芹澤流ならスウィングが変わる」から、わきが自然と締まる構え方をご紹介。

両ひじを下に向けて構える

グリップの握りと関連しますが、構えで重要なのは、ひじの向きです。

ゴルフスウィングでは、ひじを下に向けておくことがとても大事で、ひじの向きをキープできれば、力を入れなくても自然とわきが締まり、腕が動く方向も一定になるのでスウィング軌道が安定します。

両ひじは下に向け、手のひらを上に向けた構えから、ひじを下に向けたままシャドースウィングしてみましょう。トップでの手元の位置も安定し、フォローでもスウィングプレーン上を手元がなぞる動きが自然とできます。実際のスウィングでも、このひじの向きを意識しましょう。

画像: ひじを下に向けたまま体を回転。フォローでもひじの向きをキープする

ひじを下に向けたまま体を回転。フォローでもひじの向きをキープする

「わきを締める」ということを考えすぎると肩や腕に力が入ってしまう場合が多い。ひじを下に向けることを意識すれば、わきは自然に締まることを覚えておこう。

「芹澤流ならスウィングが変わる」(ゴルフダイジェスト社)より

写真/姉崎正

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.