テークバックはどうしても手先で上げてしまうことが多いというゴルファーは多いはずだ。チームセリザワとして数々のゴルファーを指導してきた芹澤信雄は、「体の回転でゆっくりクラブを上げる」のがコツだと話す。著書「芹澤流ならスウィングが変わる」から手首を使わない始動のやり方をご紹介。

ポイントは「両腕とクラブでできる三角形」を崩さないこと

アマチュアの多くは、いろいろと不安のあるスウィングを早く終わらせたいという意識が働くのか、どうしてもスウィングが速くなりがちです。

そして、ほとんどの場合、手でクラブを操作しています。器用な手に頼ったスウィングでは、簡単にリズムが乱れ、軌道やタイミングもズレてしまいます。

画像: 手先に頼らず三角形をキープする

手先に頼らず三角形をキープする

スウィングが速くならないようにするためには、始動時に、手先ではなく体の回転でゆっくりクラブを上げることです。そして、手首をあまり使わず両腕とクラブでできる三角形を崩さないようにします。そうすればスウィング全体のリズムも整いやすくなりますよ。

「芹澤流ならスウィングが変わる」(ゴルフダイジェスト社)より

写真/姉崎正

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.