アマチュアゴルファーの鬼門と言うべきなのが、トップでの“切り返し”。力まないよう意識しているけれど上手くいかない人も多いのでは? ツアープロからアマチュアまで幅広く指導する芹澤信雄プロは「飛ばしたいときほどリラックスしましょう」と話す。クラブの重さを感じて振る方法を、自身のメソッドを詰め込んだ書籍「芹澤流ならスウィングが変わる」からご紹介。

クラブを下ろすのではなく落下するクラブをサポートする感覚

切り返しで一番重要なことは、力まないこと。笑顔が作れる力感でスウィングするためには、手の力でクラブを引き下ろすのではなく、クラブと腕の重さにまかせて、重力で振り抜くような感覚を持つようにしましょう。

「飛ばしたい」と思うと、つい手や上体にギュッと力が入ってしまいますが、力が入れば入るほど、飛距離は出ません。

画像: スウィング中は、つねにクラブの重さを感じるように意識しよう

スウィング中は、つねにクラブの重さを感じるように意識しよう

切り返しだけでなく、スウィング中、つねにクラブの重さを感じていられることこそが、実は飛ばしの絶対条件。飛距離を出すためには、クラブの遠心力でヘッドが走る感覚が不可欠です。ダウンスウィングは、腕力で加速させようとせず、クラブと腕が重力で落下するのをサポートするくらいの感覚が必要なんです。

飛ばしたいときほどリラックス。これを忘れないでください。

「芹澤流ならスウィングが変わる」(ゴルフダイジェスト社)より

写真/姉崎正

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.