セカンドショットの行方を見失ってしまった! 落下地点付近のバンカー内にボールがあったけれど、砂に埋まっていて自分のボールかどうか判別ができない状態に。こんなとき、拾い上げて確認することってできるんだっけ?
画像: 「あれ? ボール、どこに行ったかしら??」

「あれ? ボール、どこに行ったかしら??」

セカンドショットを打ったところ、「あれ? 私のボールどこに行ったかしら?」「ごめーん、私も見てなかったからわからないわ!」 どうやら2人ともボールの行方を見失ってしまった模様……。

画像: 「あ! もしかしたら、あそこにあるのかな?」

「あ! もしかしたら、あそこにあるのかな?」

「え、まさかあれかな……??」「確かに、バンカーのところにボールが見えるわね。もう少し近くに行ってみないとちょっと、わからないけど」。

画像: 「砂に埋まっちゃっているわ!」

「砂に埋まっちゃっているわ!」

「どうしよう。ボールはバンカー内に1つあったけれど、しっかり砂に埋まっているから、この状態では私のものかどうか確認できないわね」。

画像: 「拾って確認しま~す」。

「拾って確認しま~す」。

「バンカー内でも誤球は誤球だから、ボールは確認しなきゃダメですよね。これだけ砂に埋もれていたら判別できないので、拾い上げて確認する必要があります。ちゃんと元の状態に戻せば問題ないはずですよ」。

「ハザード以外なら、確認のためにボールを拾い上げても問題ないけど、バンカーの場合はダメよ。その代わりに、バンカーの場合は誤球しても罰はないはずだから、とりあえず打ってみるしかないわね」。

さて、2人の判断のうち正しいのはどちら?

  • 確認のためなら拾い上げてもOK
  • ハザード内でボールを拾い上げてはダメ
  • 確認のためなら拾い上げてもOK
    54
    3113
  • ハザード内でボールを拾い上げてはダメ
    46
    2621

08年のルール改正でハザード内でも確認のためにボールを拾い上げることができるようになり、それに伴い誤球をした場合は罰が科せられるようになった。拾い上げる際は同伴者に球を確認する意思を知らせ、同伴者立ち会いのもと、マークして球を拾い上げ、確認後、元の状態を復元する必要がある(規則12-2)。

週刊ゴルフダイジェスト4/17号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混、写真・増田保雄)

This article is a sponsored article by
''.