1995年生まれ、鹿児島県出身の池村寛世(いけむら・ともよ)。平均飛距離300ヤードを超えるドライバーを武器にツアー初優勝を狙うひとり。そんな彼を支える14本のクラブとは?

大きめヘッドで曲がらないから安心して振れる

身長166センチながらツアー屈指の飛ばし屋でもある池村。ドライバーにはもちろんこだわりがある。

「テーラーメイドのM3は、大きめのヘッドなので安心感がある点が好きですね。小ぶりのヘッドは、操作性はいいですが、逆に言えば、曲がりやすいのであまり得意ではありません。だから、安心して振れて直進性が高いものを使っています」。

フェードヒッターならではのフェースへのこだわりもある。

「フェースの向きはストレートで、構えたときに少しだけフェース面が見えている顔が好みです。そう見えることで『球がつかまる』イメージが持てるのです。あとはそのまま振って球を左に出していくか、逃していくかという打ち分けだけで、迷いなく振っていけるからです」

画像: 「構えたときに少しだけフェース面が見える顔が好み」という池村。

「構えたときに少しだけフェース面が見える顔が好み」という池村。

相性のいいシャフトに出合えた

シャフトとのマッチングも“飛ばし”には重要という。

「M3のヘッドには、スピーダーエボリューションⅣがすごくいい感じにマッチングしてくれました。フェードヒッターの自分としては、ちょっと粘ってきながら、最後に押してくれる感じのシャフトだと、インパクトでよりつかまった感じで打てるからです」

画像: 「大きなヘッドで安心して振りきれるので、昨年よりも飛距離が伸びています」。ドライバー「テーラーメイド M3 460」ロフトは8.5度を選択

「大きなヘッドで安心して振りきれるので、昨年よりも飛距離が伸びています」。ドライバー「テーラーメイド M3 460」ロフトは8.5度を選択

“つかまったフェード”を武器に念願のツアー初優勝を狙う。

さらに詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト7/24号「pro's spec」をチェック!

写真/岡沢裕行

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.