シングル(一桁ハンディ)の上級者は練習場でも必ずターゲットをつくって練習するというが、そのときに気を付けなければならないことがあると言うのは、メンタルトレーナー・プロコーチとして活躍する松本進。著書「ゴルフ、あっというまに上達する極意。」よりシングルの練習法をご紹介。

看板では練習にならない

シングルは必ずターゲットをつくって練習します。練習場であっても、できるだけ本番に近い状態で練習したほうが成果が上がるからです。ショットまでのルーティンも、本番さながらに1打ごとに実行します。

タ―ゲットをつくるといっても距離表示の看板ではダメです。コースには看板はないからです。

画像: 距離表示の看板はゴルフコースにはないので実戦で役に立たない

距離表示の看板はゴルフコースにはないので実戦で役に立たない

いつも看板をターゲットにしている人は、コ-スで目標を決めるのに苦労するはずです。違和感を感じるので、うまくターゲットを決められないのです。

練習場では、地面にある1個のボール(アイアン)や柱や景色などを目標にして(ドライバー)ショットしましょう。最初はやりづらいかもしれませんが、これが本来の目標のつくり方なのです。

体のルーティンはずいぶん浸透したようですが、実はルーティンには心のルーティンもあります。

心のルーティンとは目標設定し自分の打つ球を決断したり、ナイスショットの弾道をイメージすることです。シングルは練習場であっても実戦さながらに目標を設定するので、心のルーティンも練習することができます。

「ゴルフ、あっというまに上達する極意。」(ゴルフダイジェスト新書)より

撮影/アラキシン

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.