ラウンドに行くとついついスコアを目標にプレーしがちだが、実はこれが落とし穴。メンタルトレーナー・プロコーチとして活躍する松本進は、シングル(一桁)ハンディの上級者は自分でコントロールできることだけを目標にしていると言うが、一体なぜ? 自身の著書「ゴルフ、あっというまに上達する極意。」からラウンドの目標設定についてご紹介。

努力すれば達成できる目標を掲げる

ラウンドに際して簡単な目標を持つことはいいことです。ただしスコアを目標にするのはよくありません。

たとえば目標を85打にしたとしましょう。前半で50回打ったら、もうギブアップ。45打でも、後半は40で回らなければならないので無謀な攻めをしがちです。結果、雑なゴルフになります。

スコアが目標では、大叩きしたときに自信を失うばかりか、雑なゴルフや諦めを覚えてしまいます。この諦めや雑なゴルフは、何度も繰り返すとクセになります。いつもスコアを目標にしているゴルファーは、それだけ諦めや雑なゴルフをしやすくなるわけです。

画像: スコアを目標にすると、達成できそうもなくなった時に諦めて雑なゴルフをしやすくなると松本は言う

スコアを目標にすると、達成できそうもなくなった時に諦めて雑なゴルフをしやすくなると松本は言う

ではラウンドに際して、どういう目標を立てるのが理想なのでしょうか。

シングルはコントロールできることだけを目標にします。どんなに避けたくてもOBは出ますし、3パットもあります。タイガーだってOBを打つこともあるのですから、うまいヘタにかかわらず、これは仕方がないことなのです。だからスコアやOBを打たないことを目標にしても自信を失くすだけ。

でも「ルーティンをやりぬく」「毎回ターゲットを決める」などの目標は、自分の努力だけで十分に達成できることです。自信を失くさなくてすみますし、最後まで手を抜かずにプレーできます。

スコアを目標にしないことで自信を失わず、集中力も途切れず、かえっていいスコアが出るようになります。

「ゴルフ、あっというまに上達する極意。」(ゴルフダイジェスト新書)より

撮影/宮田誠

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.