ミスショットは誰にでも起こり得るもの。シングル(一桁)ハンディとアベレージの違いはミスショットをしてしまった後の対応にあると、メンタルトレーナー・プロコーチとして活躍する松本進。自身の著書「ゴルフ、あっというまに上達する極意。」から、ミスが出たときの切り替え方をご紹介。

いい流れをつくるために

過ぎたことは忘れ、これからのショットに集中する。いうのは簡単ですが、実行するのは意外と難しいものです。

多くの人はボールに向かうまでの間、前のショットのことを考えながら歩いています。とくにミスショットのときは、いろいろ反省しながら歩いているはずです。

前のショットはもう終わったのです。

100パーセント過去のこと。「同じ失敗をしないように反省を」と思うかもしれませんが、ボールにたどり着くまでの間は、もう次のショットのことを考えなければいけない時間なのです。

距離、天候、風、ホールの形状、ターゲット、ボールのライなど、ショット前にチェックすることはたくさんあります。にもかかわらず前のミスショットを考えていたのでは、次打の準備が遅れて、慌ててしまう。そしてミスショットです。これは流れが悪い。

画像: 前のショットを引きずっていると、次のショットもおろそかになってしまう

前のショットを引きずっていると、次のショットもおろそかになってしまう

どうすることもできない過去のことを考えているうちに、本来、チェックしておかなければならなかったことをおろそかにしてしまう……。ラウンドではしばしば起きることです。

ショットを打ったら、そのショットのことはおしまい! シングルは、ショット間のいい流れをこうしてつくり出します。

「ゴルフ、あっというまに上達する極意。」(ゴルフダイジェスト新書)より

撮影/大澤進二

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.