1987年生まれ、韓国・ソウル出身のファン・アルム。今季は大東建託・いい部屋ネットレディスで9年ぶりに勝利。NEC軽井沢72ゴルフトーナメントでも優勝し、絶好調をキープしている。そんな彼女の選んだ14本のクラブとは?

得意な1本を“あえてつくらない”ことでリスクマネジメントしている

今季、大東建託・いい部屋ネットレディスで9年ぶりの復活優勝を果たすと、翌々週のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントでも勝利を挙げ、復活を印象付けたファン・アルム。クラブに対する考え方は独特なものだ。

「私は、得意クラブや好きなクラブをつくらないようにしています。ひとつ好きなクラブをつくると、それが上手く打てなくなった時に困るからです」。

クラブ選びの考え方も同様だ。

「たとえばアイアン。本当は操作性がいいブレードタイプが好きです。でも、その敏感さに慣れ過ぎてしまうと、シーズンが変わって新しいアイアンになったときに鈍感に感じたり、違和感が出たりします。そういうことがないように、あえて中間の厚さを選ぶようにしています」

画像: 本来はブレードタイプが好みだが、新しいクラブに変わったときに違和感がでないようにあえてキャビティタイプを使っている。アイアン「オノフ フォージドアイアン」

本来はブレードタイプが好みだが、新しいクラブに変わったときに違和感がでないようにあえてキャビティタイプを使っている。アイアン「オノフ フォージドアイアン」

コーチの助言でクラブもチェンジ

昨年からイ・ボミのコーチのチョ・ボムスさんに師事。クラブセッティングも替えた。

「以前は5UTを入れていたのですが、コーチから『アルムは球が高いから5Iのほうがいい』と言われて替えました。あと、パターも中学生からずっと2ボールタイプだったのですが、ブレードタイプに替えました。グリップとストロークも替えて。それで成績も良くなったのかなと思います」。

確かな手ごたえを得て、復活イヤーの終盤戦を締めくくるつもりだ。

撮影/姉崎正

さらに詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト10/30号「pro's spec」をチェック!

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.